2017年3月26日

三人のミストレス 02

「お帰りなさーい、おつかれさまでーすっ!」
 みなさまが口々に雅部長さまにお声をかけます。
 ニコニコ顔の目合図でみなさまにお応えしながらも、雅部長さまはドアを半開きにしたまま、お顔だけ覗かせています。
 私も両手を後頭部にあてがったまま、ペコリとお辞儀をしました。

「でもね、ナオちゃんがそんな顔して待ち侘びていたのはワタシじゃないって、悔しいけれど知ってるんだなー」
 からかうようにおっしゃって、やっとミーティングルームへと入ってこられた雅さま。
 その背後にもうひとつの人影?

「あれ?・・・あ、チーフも一緒なんだ!おつかれさまでーす」
 リンコさまのお声に導かれるように、雅さまの背後から室内に入ってこられたスレンダー美女。
 黒いボートネックの七分袖カットソーに、細身のジーンズをすらりと合わせた、普段オフィスでは、まずお見せにならないラフな私服お姿の、お姉さまでした。

「空港のバゲージクレームで偶然、雅と鉢合わせしたから、一緒に帰ってきたの」
「雅は運転がスムースでうまいから、おかげで飛行機降りても二度寝が出来て、スッキリしちゃった」

「チーフがかなりお疲れっぽく見えたからさ、ワタシ車運転するの大好きだし」
「チーフの麗しい寝顔、たっぷり堪能しちゃった。ナオちゃん羨ましいでしょう」

 雅さまが現われたときから、ほのかさまのお顔が本当に嬉しそうにほころんでいます。
 もちろん私も、お姉さまとのお久しぶりの再会ですから同じなのですが、今している格好が格好なのでフクザツ・・・

「開発会議中だったんだね?相変わらず攻めたデザインで、いい感じじゃん」
 乳首責めハーネスでボトムずり下げ状態の私の裸体を、薄い笑みを浮かべた嬉しそうなお顔で、じーっと視つめてくる雅さまとお姉さま。
「邪魔しちゃってごめんねー。ワタシらも荷物片付けたら合流するから、そのままつづけてて」
 雅さまがおっしゃり、ミーティングルームを後にするおふたり。

「あ、わたしもお手伝いしますっ!」
 ほのかさまがその後ろにつづきました。

 結局、ハーネスボトムのアナル用突起については、試作品を作ってみることで決まり、そのアイテムについての議論は終わりました。
 脱ぐように命ぜられ私は全裸に。
 次のフロントジップアップなラテックスビスチェは、バスト周りのデザインとカラーヴァリエーションについて、ほのかさま抜きで真剣な討議が行なわれました。

 そのアイテムの議論も終わり、私がまた全裸になったとき、ミーティングルームのドアが開き、お姉さまと雅さま、そしてほのかさまが入ってこられました。

「うわっ!ナオちゃん、今度はオールヌードっ!?」
 私を見るなり、雅さまの素っ頓狂なお声。
 その大げさなリアクションに私は今更ながらのいたたまれない羞恥が湧き上がり、マゾの服従ポーズのまま小さく会釈を返すのがやっとでした。

「そうだ、チーフたちの分、残してあるんですよ、今日のランチの美味しいサンドイッチ」
 お部屋の片隅に置かれたケータリングのボックスを、リンコさまが指さされました。

「そうね。珍しくスタッフ全員揃ったのだから、キリもいいことだし、開発のディスカッションはこれくらいにして、少し雑談でもしましょうか」
 綾音部長さまがホワイトボードを消しながらおっしゃいました。
「ふたりの出張でのお土産話も聞きたいし」

 再びテーブルが中央に戻され、開発アイテムの数々はリンコさまとミサさまによって回収されました。
 ほのかさまがご用意してくださったらしいお紅茶が配られ、テーブル中央にサンドイッチのお皿。
 あまりお腹空いていないし、今食べてしまうとパーティのお料理がたくさん食べられないから、とおっしゃる雅さまとお姉さまの計らいで、全員で分けることになりました。

 長方形のテーブルのお姉さまと雅さまとのあいだに挟まれる形で座らされた私。
 雅さまのお隣にほのかさま。
 向かい側には、ミサさま、リンコさま、綾音さま、里美さまの順でお座りになられています。
 その中でたったひとりだけ、全裸の私。

 主に雅さまが、出張中に出会ったユニークなお取引先さまのお話や、南アジアの繊維工場であやうく騙されそうになったお話などを面白おかしくご披露され、和やかに時間が過ぎていきました。

 お話の合間合間にチラチラと私の素肌に視線を走らせる雅さま。
 お話が一段落して、テーブルの上のサンドイッチもあらかた片付いた頃、雅さまが、もう辛抱たまらない、というご様子でおっしゃいました。

「それにしてもさ、オフィスにひとりだけ、女の子が裸で働いているって、シュールって言うかインモラルって言うか、エロいよねえ?」
「それも、こんなえっちなからだしたナオちゃんなんだもん。最近、ナオちゃんてオフィスじゃ、いつもこんな扱いなの?」
 どなたに聞くともなく語りかけられました。

「そうですね。あのイベントから、みなさん直子さんのご趣味を理解して、いろいろかまってあげています」
 嬉しそうにお答えされるほのかさま。

「直子も、それを愉しみにしているみたいだしね。あれから一度もチョーカーしないで出社したことないし」
 ニヤニヤ笑いながらお紅茶を注ぎ直すリンコさま。

「そうそう、このあいだの出張レクチャー、凄かったんですよ・・・」
 と、先月、ネットショップのお得意様に菱縄縛りのレクチャーをするためにショールームに伺った際の顛末を、お話し始める里美さま。

 めったにオフィスにいらっしゃらない雅さまは、他のかたよりもオフィスでの私をご存知ない分、私の裸が新鮮なようでした。
 興味津々な雅さまの視線が、忘れかけていた私の羞恥心を呼び醒ましていました。
 そう、私の今の状況って、すごくアブノーマルなことなんだ・・・
 勤務中のオフィスで一糸纏わず、尖った乳首も濡れた性器も露わにして悦んでいるヘンタイ露出狂女・・・

 そっとお姉さまを盗み見ます。
 私が歳下の女子大生さまたちに、どのように辱められたかをニコニコお聞きになっているお姉さま。

 その愉しげな横顔に、全身が恍惚感に包まれます。
 お姉さまが悦んでくださっている・・・
 物理的な刺激は何一つ受けていないのに、マゾの血が内側から、乳首を充血させ粘膜を潤ませました。

「いいなあ。ワタシも出張行かずに、一週間くらいオフィスに詰めて、ずっと裸のナオちゃんを愛でていたいなあ」
 お道化ておっしゃる雅さまに、みなさまがアハハと笑われました。

 時刻はいつの間にか午後4時を大きく過ぎ、今日の会議は終了。
 それぞれ残りのお仕事を終わらせた上で、午後6時に再集合してパーティ会場のお店へ向かう、ということになりました。

 パーティは6時半から。
 絵理奈さまと、スタイリストのしほりさまは現地集合。
 シーナさまと、あともうおひとかた、ご出席のご予定だったのですが、シーナさまに急な打ち合わせが入ってしまい来られないとのこと。
 パーティ出席は、総勢10名ということでした。

 ミーティングルームをお片付けして、リンコさまとミサさまはデザインルームへ。
 雅さま、ほのかさま、綾音さまは、ご自分のデスクへ。
 里美さまは一度ご自分のオフィスへ戻られ、6時前にもう一度こちらへ来られるとのこと。

 私はお姉さまに呼ばれ、全裸のまま社長室へ連れ込まれました。
 今日私が着てきたワンピースと下着は、リンコさまが当然のようにデザインルームに持っていってしまわれたのでした。

「ずいぶんみんなに可愛がってもらえているみたいじゃない?」
 お姉さまがご自分のデスクの椅子にゆったりと腰掛け、からかうようにおっしゃいました。
「あ、はい・・・はしたない格好で、ごめんなさい・・・」
 私も自分の椅子にバスタオルを敷き、裸のお尻を乗せながらお答えしました。

「毎日、愉しいでしょう?」
「あ、はい、あ、いえ、あの・・・」
「それだけ社内でもてあそばれていれば、家に帰ったら疲れてバタンキューなんじゃない?ひとりアソビなんかする気にもならないでしょ?」
「あ、えっと、はい・・・」

 そんなことはありませんでした。
 お家に帰ったら、その日にされたことを文章にして、反芻しながら思い出しオナニー。
 その後、そのお話を膨らませて、オフィス内ではなく、もっと人がたくさんいる場所に置き換えての妄想オナニー。
 その妄想でご命令をくださるのは、もちろん愛しのお姉さま。
 
 つまり、お姉さまにお会い出来ないと私の露出恥辱願望は、エスカレートするばかりなのでした。
 お姉さまと会えないお休みの日には、どうやって自分を虐めるかばかりを考えている始末。
 
 今だって、ショールームで里美さまが教えてくださった、手錠の鍵を投函して恥ずかしい姿でポストへ取りに行くという、自虐恥辱プレイをいつか実行しようと、バッグの中に自分宛ての鍵入り封筒を忍ばせていました。

 でも、そんなことをお忙しいお姉さまに告げても、ただ私のワガママになるだけ。
 一週間ぶりにお会い出来たのに気不味い思いはしたくなかったので、言葉を濁しました。

「あの、お姉さま?私ちょっと、おトイレへ行ってきていいですか?」
 パソコンに向かって何やら真剣に打ち込んでいらっしゃるお姉さまに尋ねました。

 午前中から数杯、お紅茶を口にしていたので、会議の途中から尿意が迫っていました。
 だけど、みなさまが面白がって、ここでしろ、とか、全裸のまま行きなさい、とかご命令されるのが恐ろしくて、口に出せずにいたのでした。
 そろそろ限界でした。

「あら?別にいいけれど、何?ハダカで廊下に出るの?」
「あ、いえ。オフィス外に出るときは、その中の白衣を着ることが許されているんです」
 クロゼットを指差す私。

 そのクロゼットの隙間からは、監視カメラのレンズがこちらを向いています。
 今頃デザインルームで、リンコさまとミサさまが、お姉さまと私とのやりとりを覗き見されているはずでした。

「ふーん。リンコたちも意外と常識はわきまえているんだ」
 ニッとイジワルそうに微笑まれたお姉さまがつづけました。

「あたしが白衣もダメって言ったら、どうする?ハダカで行ってくるか、ここで漏らしちゃいなさい、って言ったら」
「あの、えっと、お姉さまのご命令なら私、裸でおトイレに行きます。お姉さまのお部屋を汚しちゃうわけにはいきませんから・・」

「へー。いい心がけだこと。でも冗談よ。うちのオフィスから全裸のヘンタイ女が飛び出してきてフロアを徘徊している、なんて噂がたったら、ビルから追い出されちゃうもの」
 ご愉快そうに笑ったお姉さまがスクッと立ち上がられました。
「ちょうどよかったわ、あたしも行きたかったの、一緒に行きましょう。早くその白衣とやらを着なさい」

 薄いドクターコートを素肌にまとい、胸元のボタンだけ留めることを許され、お姉さまと連れ立って社長室を出ました。
 メインフロアでは、雅さまとほのかさまがとても楽しげに談笑中、綾音さまはどこかへお電話中でした。
 廊下に出ると、そそくさとおトイレへ。
 時刻は5時半過ぎ、廊下に人影はありませんでした。

 おトイレに入ると、すぐに白衣を脱がされました。
「あっ!?」
「大丈夫よ。このフロアでうち以外に女性社員が居るのって、一社だけみたいなの。その人もご年配らしいから、きっともう5時で退社しているでしょう」
 パウダールームの鏡に、赤い首輪ひとつの裸女の上半身が映っています。

「とりあえず鍵をかけずにオシッコしていなさい」
 そう言い残すと、私の白衣を持ったままスタスタと個室にお入りになるお姉さま。
 私も全裸でお隣の個室の便座に腰掛けました。

 内開きのドアを開いたまま用を足していると、あけすけに見えているパウダールームに今にも誰か入ってきそうで落ち着きません。
 気持ちとは裏腹に、チョロチョロといつまでも止まらない私のオシッコ。
 
 そうこうしているうちにお隣の個室からお水を流す音。
 つづいて個室のドアが開く音がして、私の個室にお姉さまが入ってこられました。

「ずいぶん我慢していたのね?まだ終わらないの?」
 カットソーの上にドクターコートを羽織ったお姉さまは、本物の女医さまみたいでとてもカッコよく見えました。
 相変わらずドアは閉めてくださらないお姉さま。
 やっと私のオシッコが止まりました。

「ビデでキレイに洗ってもらいなさい。それとお尻の穴もね」
 腰掛けた私の真正面に立たれた女医さま姿のお姉さまに、見下されながらのご命令。

「あ、はい・・・」
 ビデのボタンを押すと、勢いの良いぬるま湯の放水が、ヌメった私のマゾマンコ内に流れ込んできます。
 
 あ、気持ちいい・・・
 物理的な刺激に飢えきっていた粘膜がザワザワ悦んでいるのがわかります。
「はい、そのくらいでいいわ。まだ拭かなくていいわよ」
 もっと味わいたいのに、無情にもストップがかかります。

「次はアヌスね」
「はい・・・」
 お尻のほうをボタンを押すと、今度は会陰から肛門に心地良い刺激。

「ああ・・・」
 思わずはしたない吐息が洩れたところでストップ。
 激しい水圧で私の前と後ろの穴は清められたものの、物足りな過ぎてうらめしくお姉さまを見上げる私。

「直子、今日の開発会議モデル役で、いろいろと辱められたのでしょう?」
「・・・はい」
「だけど今日は、まだ一度もイカせてもらっていない?」
「はいっ!」
 そのお言葉に甘酸っぱい期待がグングン膨らみます。

「今日はね、みんなそのつもりで、直子をいたぶっていたらしいわよ」
 お姉さまが白衣の内側に提げた小さなポシェットをゴソゴソしながらおっしゃいました。

「今日の絵理奈さんのパーティの席で、直子が一番サカった状態になるように調整して、絵理奈さんとほのかさんに存分に愉しんでいただこう、っていう趣向なんだって」
 お姉さまがポシェットの中から、見覚えのある果実型のピンク色な容器を取り出されました。

「さっきの会議中、雅と中座したとき後を追ってきた、たまほのが嬉しそうに教えてくれたのよ。だからチーフも、パーティまで絶対、直子をイカせちゃダメですよ、って釘刺されちゃった」
 久々に拝見するお姉さまのエス剥き出しな瞳。

「まあ、今日のパーティはイベントのとき、しほりさんと交わした約束を果たすのが主眼でもあるし、直子もオフィスでの露出は慣れてきちゃっているみたいだしね」
「それで雅と仲のいい、さーこママのお店にしたそうよ。あそこならハメ外しても大丈夫だから」

「そんなわけで、あたしも直子をイカせて楽にしてあげることは出来ないのだけれど、もっと発情しきったドスケベドマゾ顔にすることは出来るな、と思ってこれを持ってきたの」
 ピンクの容器をふたつお見せくださるお姉さま。

「これから直子は、からだの隅々まで絵理奈さんたちにご披露することになるのだから、お腹の中にヘンなものを溜めておいてはいけないわよね」
「キレイキレイににして、安心して心いくまで弄ってもらいましょう」
 ピンクの容器の先端のキャップが外されました。

「便座を下りて、床に四つん這いにおなりなさい」
 お姉さまの冷たいお声が降り注ぎます。
「便座の上で自分でやらせてもいいのだけれど、今の直子に股間をまさぐらせると、別のところまで弄っちゃいそうだからね。このあたしの手でしてあげるんだから、ありがたく思いなさい」
 蔑むお声にゾクリと感じてしまいます。
「は、はい・・・ありがとうございます」

 便器がお部屋内の半分を占める狭い個室内では、うまく四つん這いになれるスペースがありません。
 お姉さまはそれを見越したのか、開けっ放しのドアの向こう側に出てしまわれました。

 とりあえず冷たいタイルの床に両手をつき、個室内で横向きに四つん這いになってみます。
 個室のドアの幅と四つん這いの私とがほぼ同じで、便器前で通せんぼしているような格好。

「それじゃああたしにお尻が見えないじゃない?」
「は、はい・・・」
 仕方がないので便器前に両手をつき直し、お尻をお外に向けて四つん這い。

「そうね。それしかないわね」
 笑いの含んだお声で、お姉さまがおっしゃいました。
「直子のお尻だけ、個室からはみ出しちゃっているわよ?今誰か入ってきたら、何だと思うかしらね?」
 愉しそうにおっしゃって、ピシャリと私のお尻を叩くお姉さま。
「あううぅっ」

「ほら、もっとお尻を突き出しなさいっ!」
 もう一度お尻をはたかれて、個室のタイルを舐めるように顔を埋め、お尻だけ高く突き上げる私。
 マッサージも無く突然ブスっと肛門に何かが突き刺さり、つづいて冷たい液体が体内に注がれる感覚。
「あふぅんっ」

「直子のアナル、ちょっと見ない間にずいぶんと緩くなったんじゃない?毎日何か挿れて愉しんでいるんでしょ?本当、いやらしい子」
 イジワルクおっしゃりながら2本めも注入。

「そのままあたしがいいと言うまで、我慢なさい。たとえ誰か来ても、そのまま動いちゃ駄目よ」
「あうぅんっ!」
 お尻の穴を広げられる感触の後に、ズブっと何かを挿し込まれたようでした。
 たぶんアナルプラグ。

「そんな不様な格好、ただじっと見ていてもつまらないから、あたしは一度オフィスに帰って、また頃合見て戻ってくるから。それまでずっと、その姿勢で我慢していなさい」
「もちろん、あたしがいなくなったからって、自分を慰めるのは禁止よ。直子がイッたかどうかなんて、あたしなら一目でわかっちゃうんだから」
「もしあたしが戻ったときに勝手に排泄したり、勝手にイッたりしていたら、その瞬間に直子はうちの会社、クビね。素っ裸のままオフィスから放り出してあげる」

 冷たいお声が途切れたと思ったら、スタスタと遠ざかる足音。
 そして、おトイレ出入り口のドアを開け閉めするバタンという音が聞こえました。
 本当におトイレから出て行かれたみたい。
 女子トイレの個室の床に全裸で這いつくばり、肛門に栓をされたお尻を個室の外に突き出した格好のまま、放置されてしまった私。

 だけど、あんなことをおっしゃってもお姉さまは、きっとおトイレのすぐそばにいて、人の出入りをチェックしてくださっていると信じていました。
 だって本当に私のこんな姿を身内以外の第三者に見られてしまったら、フロアはおろかオフィスビル中大騒ぎとなって、お姉さまの会社の恥となってしまうことですから。
 そう思うと、今の自分の恥辱を愉しむ余裕が生まれました。

 ああん、なんてみじめなんだろう。
 お浣腸されてオフィスビルの女子トイレに、四つん這い全裸で放置されている私。
 お姉さまは、スタッフのみなさまを全員ここにお連れになって、私の排泄姿を見世物にされるおつもりなのかも・・・

 そう考えた途端、体内でゾワッと被虐の炎が燃え立ちました。
 そう言えば私、オシッコ姿ならあるけれど、お尻のほうの排泄姿は、お姉さま以外にお見せしたことなかったっけ・・・
 そんなの絶対イヤ・・・でも、視て欲しい、と思っている自分もいるみたい・・・

 お腹がグルグル鳴り出して、苦しくなってきました。
 それに呼応するように、急激な欲情のムラムラが全身を駆け巡りました。
 今すぐ両手を伸ばしてマゾマンコを掻き回したい。
 乳首を捻ってクリトリスを掻きむしってエクスタシーを迎えたい・・・

 そんな欲望を必死に抑えながら、お腹のほうも徐々に限界が近づいてきていました。

「ああん、お姉さまぁ・・・早くお戻りになってくださいぃ・・・」





2017年3月19日

三人のミストレス 01

 7月も半ばを過ぎた、とある週末。
 絵理奈さまの快気祝いパーティが開かれることになりました。

 絵理奈さまというのは、その前の月に行われたうちの社のファッションイベントのショーでモデルを務められるはずだった女性。
 だけど、ショーの前夜に急病になり、出演出来なくなってしまったのでした。

 絵理奈さまと体型がそっくりということで、その代役としてお姉さまから急遽モデル役に指名された私は、結果として自分のヘンタイ性癖の数々を社内関係者を含むイベント参加者全員に、文字通り赤裸々にお披露目する羽目になったのでした。

 その結果イベント以降、私の社内的立場は、みなさまの性的なおもちゃ=言いなりマゾペット状態。
 見せなさいと言われれば見せ、脱ぎなさいと言われれば脱ぎ、挿れなさいと言われれば挿れ、イキなさいと言われればイク淫乱セイドレイ。
 連日裸同然の格好で勤務することになってしまいました。

 その年は、7月になった途端に連日30度を超えるような猛暑の夏。
 当然みなさま薄着になりますが、元々薄着がちな私がもっと薄着になるなら・・・
 ということで、いつもオフィスにいて私にご命令をくださることの多いリンコさまとミサさまがご用意くださったのは、上も下も布面積が3センチにも満たない、ティアドロップ型スーパーマイクロビキニ。

 月曜日から金曜日まで色違いの極小ビキニ5着。
 文字通り、乳首ふたつとワレメのスジだけをやっとギリギリにしか隠せないヒモビキニに赤い首輪とパンプスだけで、お電話を取り、パソコンに向かい、会議の書記役を務め・・・
 少し大きく動いただけで乳首がポロリ、無毛のワレメがチラリ。
 お客様にお茶をお出しするときと、お外にお使いに行くときだけ、ざっくりシルエットな、かぶりのミニワンピースを上に纏うことが許されていました。

 絵理奈さまのパーティ当日は、お姉さまが丸一週間ぶりに出張からお戻りになる日でした。
 スタッフが久しぶりに全員揃う日でしたので、その日は午前中からお姉さまと雅部長さま以外はオフィスにおられました。
 せっかくスタッフが揃うのだから、ということで、その日は一日、新アイテムの開発会議に充てられることになっていました。

 出勤早々の朝のミーティングで、綾音部長さまから全裸になるように命じられました。
 すでにみなさま、私がオフィスで裸になることには慣れてしまわれたようで、冷やかしのお言葉も無く、ただニヤニヤ眺められるだけ。
 そのまま開発会議が始まり、それからずっと私は、開発中アイテムのフィッティングモデルと化しました。

 ミーティングルームのテーブルをどかして真ん中に立たされた私。
 ホワイトボードを背にした綾音部長さまが進行役で、その脇に私。
 取り囲むようにノートを手にしたリンコさま、ミサさま、ほのかさま、そしてネットショップご担当の里美さまが、全裸の私と品の良いサマーブラウス姿の綾音部長さまを見比べるように見つめています。

 その日のアイテム開発テーマが、エレガントボンデージ、なので、主にラテックスやレザー素材の衣装。
 他メーカーの市販のものや開発部作成の試作品を私が身に着けたのを肉眼で見て、デザインの改善点やアイデアを各自出し合うという主旨。
 
 メッシュだったりオープンバストだったりアソコ部分だけ穴が空いていたり、肌の露出度が高いものばかり。
 そんなボンデージスーツを、着ろと言われれば着て、脱げと言われれば脱ぎ、という状況でした。

 たとえばオープンバストのラテックスビスチェ。
 全裸で着るのですから、下半身は丸出しのままです。
 身に着けると綾音さまが、素材やデザインについていろいろご説明なされます。

 それから綾音さまのご命令でいろいろポーズを取らされます。
 後ろを向いたり、両腕を上げ下げしたり、おっぱいを突き出したり。
 それを見てみなさまがそれぞれ思いついた意見をおっしゃいます。

 もう少しバストを持ち上げるようなカットが良いのではないか、とか、ウェストに切れ込みを入れよう、とか。
 おっしゃりながら私のからだを躊躇なくベタベタ触ってくるみなさま。
 脇腹を撫ぜられたり、下乳を持ち上げられたり。
 かと言って私を弄ぶような雰囲気は無く、みなさま真剣な面持ちでのディスカッション。

 ほのかさまが、ウェットティッシュを一枚差し出してくださいます。
「感じちゃっているでしょ?ほら、もう雫が垂れちゃいそう」

 ほのかさまの視線の先に気づいて、あわてて自分の股間をティッシュで押さえます。
 イタズラっぽい笑みを投げてくださったほのかさまの視線は、すぐに真剣な瞳に戻ってホワイトボードへ。
 一番奥手に見えたほのかさままで、マゾな私への接し方を優雅に会得されていました。

 ひとしきり議論を尽くすと脱ぐように言われ、次のアイテムまで全裸で待機。
 脱いだ後に、そのアイテムに対する新しい提案がなされると、その検討が終わるまで全裸のまま放置。

 オフィス内に全裸の女性がいて、どなたもそれを気にも留めない空間。
 真剣な意見が飛び交う会議中に、ただひとり全裸でみなさまの前に立ち尽くすマネキンのような私。
 それが普通となっている非日常的な状況。

 もっと触って欲しい、もっと弄ってほしい・・・
 からだはゾクゾク疼いているのに、素知らぬお顔をされるみじめさ。
 私は今みなさまに、人間として見られていない・・・
 みなさまの真剣な議論をお聞きしながら、自然と両手が頭の後ろに回っていました。

 そんなふうにして、いくつかのアイテムを着ては脱ぎしているうちに午前中が過ぎました。
 お昼どき。
 突然ご来客を告げるチャイムが鳴りました。

「あ、ランチが来たようね。とりあえず一息入れましょう」
 綾音部長さまがおっしゃいました。
 あらかじめ綾音さまが頼まれていたのでしょう、ご昼食のケータリング業者様のようでした。

 こんなときにお出迎えに出なければいけない役目は、秘書という肩書で一番下っ端の私でした。
 でも私は、そのとき全裸。
 こんな場合に羽織ることを許されている白衣やワンピースも、社長室に置いたままでした。

 どうしよう・・・
 マゾの服従ポーズのまま動揺していると、ほのかさまがササッとミーティングルーム内のインターフォンに駆け寄ってくださいました。

「はい?」
「あ、毎度ありがとうございます。ご注文いただいていましたお弁当をお持ちしましたー」
 愛想の良いお若そうな男性のお声が聞こえてきました。

「あ、はい、今ドアを開けますねー」
 ほのかさまも感じ良くお応えして、メインルームに出るドアのほうへと足を踏み出します。

 ホッと胸を撫で下ろしたのも束の間、綾音部長さまがとんでもないことをおっしゃいました。
「八人分だとけっこう嵩張るわよね。いったんテーブルを定位置に戻して、ここまで運んで来てもらいましょう。どうせここで食べるのだから」

 えっ!?
 ここに運んでもらうって・・・
 さっきのお若そうなお声の男性がここまで来ちゃうってこと?
 キュンと感じてしまう股間とは裏腹に、服従ポーズのまま固まってしまう私のからだ。

 そうしているうちにもリンコさまと里美さまで、隅にどかしていたテーブルをミーティングルームの中央に戻し始めます。
 ほのかさまは、小走りに玄関ドアのほうへ。
 ミサさまがアイテム類をまとめてお部屋の隅へ移動して・・・

「あ、そう言えば直子、裸だったわね?」
 綾音部長さまが、さも今気がつかれたかのように私を見ておっしゃいました。
「見てもらう?ハダカ」
 からかうみたいにおっしゃる綾音さまに対し、首をブンブン左右に振る私。

「そうね。直子のいやらしい真っ裸をいきなり真正面からっていうのも、我が社の品位が下がっちゃいそうだし、ケンちゃんも一応若い男性だから、刺激が強すぎるかな・・・」
 ちょっと思案するようなご様子を見せた綾音さまが、すぐにニコッと笑っておっしゃいました。

「その隅っこに背中向けて立っていなさい。オブジェみたいに、マネキン人形に成りきって」
 ミーティングルームの入口ドアから一番距離がある窓際の片隅を指さされました。

「そこでマネキンのフリしてお尻を向けていれば、たぶん気づかれないと思うわ。うちがアパレルだってご存知だし」
 それから嬉しそうに唇の端を少し上げてつづけられました。
「もし気づかれても、ケンちゃんもさーこママもシャレのわかる人だから、気づかれちゃったら正面向いて、はしたなくてごめんなさい、って全部見せてあげなさい」

 オフィス内に入って来られたのであろうケータリングの人とほのかさまとの会話が、開け放たれたドアからかすかに聞こえてきていました。
 ただ、ご機嫌良くあれこれおっしゃっているお声は男性ではなく、聞き覚えのないご中年のおばさまっぽい女性声でした。
 さーこママ、っていうかたなのかな?

 でも今はそんなこと気にしているヒマはありません。
 何はともあれ急いで窓辺に駆け寄り、みなさまに背中を向けました。

「そんな棒立ちじゃ人形っぽくないよ。もっとマネキンらしいポーズしなきゃ」
 ご愉快そうなリンコさまのお声を背中に聞き、少し右手を曲げて、お先にどうぞ、みたいなポーズを取りました。

「指先までしっかり意識して固まっていないと、ちょっとでも動いたらマネキンじゃないな、生身の裸の女だな、ってバレちゃうからね?」
 里美さまがイジワル声と共に、曲げた私の右肘に、私が脱いだワンピースを掛けてくださいました。
「こんなふうにしておけば、よりマネキンって言うか、置き物ぽく見えるんじゃない?」

 そうしているあいだに、おばさまっぽいお声がすぐ近くに聞こえるようになっていました。
「さーこママ、わざわざ悪いわねー」
 親しげにご挨拶される綾音さまのお声。

「いいのよ。今夜はうちで盛大に飲み食いしてくれるんでしょ?今日はランチタイム早めに切り上げて、お店じゃ今せっせと仕込み中よ」
 おばさまの陽気なお声がすぐ後ろから響きます。

「そのテーブルの上に置いてくださる?」
 綾音さまのお声につづき、はいっ!という男性のお声が聞こえました。
「こちらがサンドイッチとサラダのランチセット8名様分。スープとお紅茶にお湯を注ぐのは・・・」
 そこで一瞬、お言葉が途切れました。

「えーっと、5名様分でよろしいですか?」
 自信なさげな男性のお声。
「あ、今ひとり席外していてすぐ戻ってくるから、6人分淹れておいてくれる?」
 少し笑いの含まれたようなお声で応えられた綾音さま。
 それからしばらく、お湯を注ぐ音が聞こえるだけの沈黙がつづきました。

 私の目の前にはガラス越しの真っ青なお空。
 剥き出しのおっぱいに刺すような夏の陽射しが降り注いでいました。

 今、私、お外に向けておっぱいもマゾマンコも丸出しなんだ・・・
 いくら地上二百数十メートルの位置にあるとは言え、頭の上から両腿の真ん中くらいまで窓枠の大きな素通しガラスの窓辺に外を向いて立ち尽くすというのは、とても恥ずかしいものでした。
 お外からこの窓を見上げれば、おそらく豆粒ほどの大きさでしょうが、裸の女が立っているということはわかっちゃうはずです。

 一方室内では、私からほんの5メートルも離れていない位置におられる見知らぬおばさまと若い男性に、剥き出しのお尻を晒していました。
 ぜんぜん会話が聞こえてこない分、みなさまの視線が全部、お尻に集まっているような気になってきます。
 
 ドクドクと音が聞こえそうなほどに全身を駆け巡るマゾの血。
 それでもマネキン人形のフリをして、微動だにせずに居なければならない被虐感。

「はい。以上となります。2名様分のスープとお紅茶はこのまま置いていきますので、お手数ですがお食べになるときにご自分で熱湯を注いでください」
 ハキハキした男性のお声とともにガタガタガサガサと何かを片付ける音。

「それでは今夜、よろしくお願いね」
 綾音部長さまのお声。
「まかせて。美味しいお料理たくさん用意して待ってるからねー。このランチのお会計も夜に一緒にねー」
 おばさまのご陽気なお声が徐々に遠ざかりました。
 どうやらバレずにすんだみたい。

「あれケンちゃん、絶対気づいていたよね?最初はチラチラだったけど、帰るときなんか直子のお尻、ガン見してたし」
 綾音部長さまとリンコさまに挟まれる形で、私ひとりだけ全裸で、ご昼食のテーブルを囲んでいます。
 リンコさまがプラスティックのフォークの先で、私の尖った乳首をチョンとつつきつつ、からかうようにおっしゃいました。
「ずいぶん感じちゃったみたいじゃない?乳首コリッコリ」

「ママさんだってわかっていたんじゃない?直子の姿を上から下まで舐めるように見ていたもの」
 向かいにお座りになられたほのかさま、里美さま、ミサさまのうち、私の真正面におられる里美さまが私の上半身をニヤニヤ眺めながらおっしゃいました。

「さーこママは気づいていて絶対ツッコんでくると思ったのだけれど、ケンちゃんもいたからスルーしたのかしら」
 綾音さまが独り言のようにつぶやかれました。

 お弁当は、スモークサーモンとアボガドのサンドイッチとシーザーサラダにポタージュスープ。
 綾音さまがおっしゃるには、夜にパーティなので軽めにしたそうです。
 きっととても美味しいのでしょうけれど、みなさまの前で全裸で食べるという状況だけで胸が一杯になってしまい、あまり味わえませんでした。

 お食事中のみなさまのおしゃべりを総合すると、今日のパーティは先ほどいらっしゃったさーこママさまのお店で開かれるようです。
 営業部の雅部長さまがよく利用される欧風創作料理の個人経営レストランで、小じんまりとした隠れ家的お店。
 オフィスビルから歩いて3、4分位、住宅街の入口にある路面店で、今夜はうちの貸し切りだそうです。

 食べ終えると早速、会議が続行されました。
 午後のアイテムは、ラブトイズ寄りの淫靡なものばかり。
 バスト部分に乳首クリップが付属しているものとか、股間に突起物が付いているもの、バイブレーターを装着出来るホルダーが付いたものなどなど。

 私が身に着けると綾音部長さまが、なんの躊躇いもなくクリップで挟んだり突起物を挿入してきます。
 そのたびに、うっ!と感じてしまうのですが、会議の雰囲気がシリアスなので、あられもなく身悶えたり喘いだりしてしまうわけにいきません。
 結果、必死に我慢することで、却って被虐と恥辱が煽られる悪循環。

 乳首クリップのチェーンをもっと短くしたほうがいいのでは、とおっしゃってチェーンをグイグイ引っ張ってくるリンコさま。
 重りをぶら下げられる機能を付けるのはどうでしょう?と、チェーンをブラブラ揺らしてくるほのかさま。

 素材を透明にして女性器に埋め込まれた突起を見えるようにしたいと、突起付きボトムを何度も穿いて脱いでとくりかえさせる里美さま。
 アナルにも突起を付けるべき、とアナルブラグで肛門を抉じ開けてくるミサさま。

 私はずっと身悶え、小さく喘ぎつづけていましたが、そんなの眼中に無いかのような白熱したディスカッション。
 でもなんとなくですが、私の性感が高ぶっているのを承知の上で知らんぷりをすることで、みなさま一丸となって私への焦らしプレイを愉しんでいらっしゃるようにも思えました。

 乳首を挟むクリップはどんどんキツくなって、乳首をジンジンと潰していました。
 ハーネスが食い込んだ肌を撫ぜられると、鳥肌から羽毛が生えてきてしまいそうなほどゾクゾク感じました。
 マゾマンコから蜜が溢れビチャビチャになるたびに、ほのかさまがウェットティッシュでおやさしく拭ってくださいました。

 ただし、スジの先端でテラテラとピンク色に腫れ上がって飛び出している肉の芽には、決して触れてくださらないのです。
 私の両足のあいだには、大きめの粘っこそうな水溜りと、丸めたウェットティッシュの小山が出来ていました。

「あーっ、ずいぶん愉しそうなこと、やってるねぇ」
 突然、ミーティングルームのドアが開き、ひょっこりお顔を覗かせたのは、シャギーなセミロングのイケメンレディ。
 お会いするのは確か2週間ぶりくらいの雅部長さまでした。

 そのとき私が着せられていたのは、裸身を菱形模様で飾るボディハーネス。
 柔らかくて伸縮性があり、肌にぴったり吸いつくようなレザー製。
 トップとボトムがベルトで離脱出来るようになっていました。

 バスト上部のリングには左右それぞれ乳首を挟むクリップが短いチェーンで付いていて、それに乳首を挟むとおっぱい全体が乳首に引っ張られて持ち上げられる仕様。
 ボトムは、性器用の突起が付いたベルト状で、ちょうどアナル用の突起をどう付けるか議論中だったので、膝までずり下げられた状態でした。

 眼下に、さっきまで私の膣内に埋め込まれていた凶々しい形状の突起が、ぬめりのある白濁液にまみれてテラテラ光っています。
 雅部長さまは、それをしげしげと見つめた後、私の顔に視線を移し、とても嬉しそうにニッコリ微笑んでおっしゃいました。

「ナオちゃんてば、ずいぶんとえっちなお顔で出迎えてくれるんだねえ。そんなにワタシに会いたかったかい?」


三人のミストレス 02