2018年2月11日

三人のミストレス 19

「ごきげんよう。お久しぶりです、シーナさん」
 お姉さまだってシーナさまの足下でうずくまる裸身の存在には気づかれているはずなのに、そこにはまったく触れずニコヤカにご挨拶。

「本宮から、今降ろした、って連絡入ってから30分以上も現われないからさ、てっきり直子が怖気づいて逃げ出しちゃったかな、と思っていたわよ。このまま来なかったら二度目のショーは牝ブタに何やらせようかって、考えていたところ」
 ご機嫌ナナメっぽいご様子なシーナさまが、細長いグラスに入った水色のお飲み物をクイッと一口、お飲みになりました。

 シーナさまたちがお座りになっているテーブルの上には、そのお飲み物の他に、チーズとクラッカーが乗ったお皿、グラスに刺さったお野菜スティックが置いてあり、小野寺さまの前には、茶褐色の液体に氷を浮かべたお飲み物。
 それらに加えて、見た瞬間にドキッとしてしまう、ひときわ私の目を惹くものがふたつ、無造作に置いてありました。

 ひとつめは、全体が真っ黒で少し古びた乗馬鞭。
 ずいぶんと使い込まれているようで、持ち手の革が黒光りしてテラテラ光っています。
 長い柄の細い部分が弾力のありそうな素材で、とてもよくしなりそう。
 先端のベロ部分は弓矢の矢羽根みたいな形で大きめ。
 これで尻たぶをジャストヒットされたら、クッキリ矢羽根の形の赤い打痕が残っちゃいそうです。

 もうひとつは、小野寺さまの前に置いてあるハンディビデオカメラ。
 新人エステティシャンの研修用教材という名目で、私のマゾマンコがワックス脱毛でツルツルにされる一部始終を録画されたときに使われたカメラと同じものよう。
 ということは、これから私がしなくてはいけないバトルショーとやらも、このカメラで撮影、記録されることになるのでしょう・・・

 シーナさまに促され、先ほど空けてくださったストゥールに腰掛けようとすると、すかさず脇からミイコさまが、ストゥールの腰掛け部分の上にたたんだバスタオルを敷いてくださいました。
 お姉さまと小野寺さまは初対面らしく、お名刺の交換をされています。
 腰掛けた私は、足下にいらっしゃる、裸の人、が気になって仕方ありません。

「そう言えばエミリー?本宮から名刺、もらった?」
 シーナさまがお姉さまにお尋ねになりました。

「ええ。車を降りるとき、どうぞ今後共ご贔屓に、ってくださったわよ。あのかた、個人営業なのね」
 小野寺さまのお名刺をポーチにしまうついでに、一枚の小さな紙片をヒラヒラさせるお姉さま。

「へー、ていうことは気に入られたんだ。だったらエミリー、これから直子と遊ぶとき、わたしが使わないときならいつでも本宮の車、使っていいってことよ」
 少しご機嫌が直られたらしいシーナさまの、弾んだお声。

「わたしが牝ブタと移動するときは、こいつは、大抵ほとんど裸だから、本宮はそういうヘンタイの扱いに慣れているの。だから、あなたたちも大胆に愉しめるはずよ」
「もちろん料金は、どこへ行こうが、北海道だろうが沖縄だろうが牝ブタ持ちだし、本宮はああ見えて合気道とか護身術全般身につけた優秀なガードウーマンでもあるし、オマケにSっ気も旺盛だから、いろいろ頼もしいはずよ」
 シーナさまが、こいつ、とおっしゃったとき、同時に足でテーブル下の人に何かしたみたいで、んぐぅ、という苦しげな呻き声がテーブル下から聞こえました。

「エミリーは小野寺さんとは初対面だったわね?アンジェラのサロンで事務方全般を一手に仕切っている、超有能なセクレタリー」
「あ、アンジェラさんとはこのお店で何度かお会いしたことあります。その節はうちの直子がずいぶんお世話になったみたいで、ありがとうございました」
 シーナさまのご紹介でお姉さまが小野寺さまに深々と頭を下げ、つられて私もペコリとお辞儀。

「今日のこちらでのイベントには、うちのアンジェラがとても来たがっていたのですが、どうしても外せない先約があり、代わりにわたくしが送り込まれました」
 小野寺さまが数年前と変わらない理知的かつ滑舌の良いハッキリとした口調でおっしゃいました。

「それで、観られないのであればせめて映像だけでも、ということでわがままをお許しいただき、本日はショーの一部を撮影させていただくことになりますので、どうぞよろしくお願いいたします」
 
 私を見つつの小野寺さまのお言葉に、やっぱり、とじんわりマゾマンコを潤ます私。
 そのとき、私たちの背後で立ったまま会話を見守っていたミイコさまが、お口を挟んできました。

「安心してナオちゃん。撮影するのはこのビデオだけで、他のお客様はケータイでもスマホでも一切撮影禁止になっているから。ネットに画像流出して顔バレ身バレとかは絶対に無いって約束するわ」
 イタズラっぽく微笑まれるミイコさま。
「お店で上映会とか、BGVとしてそのモニターに流すことは考えているけれどね」

「そんなことより、早くナオちゃんにジャクリーンを紹介してあげて。エミリーはここで何度か会ったことあるけれど、ナオちゃんは初対面でしょ?」
 ミイコさまがシーナさまに、新しいお飲み物を手渡しながらおっしゃいました。

「ううん。直子はずっと以前に、うちの牝ブタと顔合わせしているわ。もっともそのときは生意気にこいつ、人並みの格好をしていたと思うけれど」
 シーナさまがニヤニヤ笑いつつ、テーブル上の乗馬鞭を手にお取りになります。

「ほら、ヘンタイ牝ブタドマゾおばさん?オットマン役はもういいわ。立ち上がっておまえのお仲間にご挨拶なさい。ほら、早くっ!」
 シーナさまがテーブル下に潜らせた乗馬鞭がご活躍されているのか、テーブル下から人の肌を打擲する拍手のようなペチペチ音が聞こえてきます。

「ん、むぐぅ・・・」
 テーブルが少しガタガタ揺れ、シーナさま側のテーブル端からウェーブのかかった髪の毛が見えてきました。
 やがて、肘、肩、背中と露わになり、紛れも無い全裸女性の全身が現われました。

 首には太くて幾つもリングがぶら下がった黒い首輪、肩までのウェーブヘアが汗で額に貼り付き、黒色のボールギャグをかまされたお口からはだらだらとよだれを垂らされ。
 目鼻立ちの大きな日本人離れした端正なお顔は紅潮し、眉根に深く苦悩のシワが刻まれていましたが、そのお美しいお顔には、確かに見覚えがありました。

 シーナさまのパトロンさんにして、うんとお歳の離れた専属マゾドレイ。
 シーナさまのお住まいでもある私と同じマンション最上階の持ち主であり、どなたでも知っている有名上場会社の社長夫人。
 確かお名前は、ワカバヤシさま。

「直子、会ったことあるよね?うちに遊びに来たときに」
「あ、は、はい・・・」
 シーナさまに問われ、そのときのことをあざやかに思い出しました。

 東京に出て来て、シーナさまと恥辱満点の刺激的な再会を果たした初夏の数日後。
 ペントハウス風になっているマンション屋上で遊ぼうとシーナさまに呼び出され、伺ったときのことでした。
 玄関先でお出迎えしてくださった、仕立ての良いサマースーツを品良く着こなされた女優さんのようにお綺麗なお顔立ちの見るからにセレブマダム風な女性。
 身長は私より少し高いくらいなのに、何て言うのか、キラキラしたオーラに満ち溢れていて、生まれて初めて、貴婦人、と呼ばれる人種を目の当たりにした、と感じました。

 そのときは、その女性が外出される直前だっため、お顔を合わせただけだったのですが、ごゆっくりしていってくださいね、というおやさしいお言葉と、たおやかに香る甘ったるいコロンの香りが印象的で、なんて絵に描いたようにお上品なご婦人なのだろう、と思ったものでした。
 
 その後にシーナさまのお口から、そのご婦人こそがシーナさまの慰み者マゾドレイだと聞かされ、もっとビックリしてしまったのですが。
 その優雅なマダム、ワカバヤシさまが今、私たちの目の前に全裸で、いえ、全裸よりももっと浅ましいお姿で仁王立ちされていました。

 両手は頭の後ろで手錠されているらしく、立ち上がったときからすでにマゾの服従ポーズ。
 ご年齢は私の母と同じくらいか少し上とお聞きしていましたが、とてもそうとは思えない、シミやシワが少しも見えない艶やかな肌に引き締まったプロポーション。
 
 バストは大きく、ウェストはキュッと絞られ、ヒップはドーンと豊かで美脚がスラリ。
 もちろん腋と股間は完全剃毛済みのツルッツル。
 一見してお歳を感じさせない若々しいセクシーボディなのですが、いくつかの理由で、見ているこちらが恥ずかしくて目を背けたくなるくらい、艶めかしい色香を全身から発散されています。

 まず、目につくのは、そのおからだに残る日焼け跡。
 全体にこんがり健康的な小麦色に焼けていらっしゃるのですが、バスト部分と下半身にだけ、青白いほど生々しく普通の肌色が残っていました。
 
 おっぱい部分は、小さめなハーフカップブラビキニの形通り、乳輪を含むおっぱい周りだけ白い肌。
 下半身は、恥丘の膨らみ始めくらいから腿の付け根までがブーメラン型に白く焼け残り、凄くローライズでローレグな水着を身に着けていらっしゃったのであろうことが推測できます。
 
 その二箇所の未日焼け部分の青白さと小麦色の他部分とのコントラストで、結果的に白いおっぱいと乳輪、そして無毛の股間の割れスジを、ひときわ生々しく猥褻に目立たせる日焼け跡となっていました。

 更に、そのおっぱいの先端にはステンレス製らしい禍々しい形をしたクリップが両乳首に噛みつき、ふたつのクリップを繋いだ重そうなスチールチェーンに引っ張られ、豊満なおっぱいが盛大にうなだれて垂れ下がり、熟れ過ぎて今にもポタリと落ちそうな果実のよう。
 乳首も乳輪も私より大きく、色も濃い目ですごく淫猥な感じ。

 そしてとどめは、二の腕や胸元、太股付近のあちこちに刻まれている、ついさっきまで縄でギリギリと絞られていたのであろう生々しい縄目痕。
 太腿には矢羽根型に鞭打たれた痕も、ところどころに残っていて、私たちがここに来る前までに、このかたがいったいどんな扱いを受けられていたのか、いけない妄想が膨らんでしまいます。

 そんな感じに、見るからにふしだらと言うか、いやらしくも美しい裸体を目の当たりにして、私の心臓はドキドキ早鐘のよう。
 思わずお隣のお姉さまにからだを摺り寄せてしまいました。

「ほら、牝ブタ?口枷取ってやるから、今夜の対戦相手に一応挨拶しときな」
 シーナさまがぞんざいにおっしゃると、すかさずワカバヤシさまが服従ポーズのままひざまずき、お顔をシーナさまの胸元に差し出します。
 シーナさまがボールギャグのベルトを緩めると、その唇の端からよだれがダラダラ、首筋からおっぱいへと流れ落ちていきました。

 ワカバヤシさまの額にひっついた髪の毛を丁寧に払い、乱れた髪型を整えてあげる、おやさしいシーナさま。
 口枷を解かれ髪を直されたワカバヤシさまって、やっぱり凄い美人さん、今流行の言葉で言えば、まさしく、美魔女、さんという感じです。

「お久しぶりです、直子さま。直子さまのことはいつもドミナから聞かされていましたから、ぜひ一度、ちゃんとお目にかかりたいと思っていました。本日はよろしくお願いいたします」
 再び立ち上がられたワカバヤシさまが、座っている私を見下ろすように、服従ポーズのまま深々とお辞儀をしてくださいました。

「え、あ、あの、いえ、こちらこそ・・・」
「うちの直子だって同じマゾドレイなんだからさ、ジャクリーンも別に、直子さま、なんてあらたまらなくたっていいのに」
 しどろもどろな私に代わって、お姉さまがワカバヤシさまに、茶化すようにお応えになりました。

「いえいえ、ドミナは直子さまのことをいつも褒めていらっしゃいますから、奴隷にとっても直子さまはドミナのご友人で崇拝すべきおかたでございます。奴隷はここでは最下層の身分ですので」
 ワカバヤシさまが恐縮されたようにおっしゃいました。

 ドミナ、って、シーナさまのことよね?
 えっ?シーナさまって私のこと、ワカバヤシさまの前で褒めてくださっているの?
 それにワカバヤシさまは、ご自分のことを、奴隷、ってお呼びになるんだ・・・

 そんなことを考えていたらシーナさまの右手が一閃し、乗馬鞭のベロがワカバヤシさまのお尻をピシャリと打ち据えました。
「ひっ!」

「何、あたりまえのことを得意げに言っているの?おまえが最下層のヘンタイセックススレイブだってことは、ここにいる誰もがわかりきっているわよ」
「でも今夜はエミリーのマゾペットと、どちらのドレイがより従順でヘンタイかを競う対決、勝負は勝負だからね?もしおまえが直子みたいなこんな小娘に負けたら、明け方に素っ裸で表に連れ出して、道端や近くの公園にたむろしているホームレスのを5、6本、しゃぶらせるからねっ!」
 
 シーナさまがワカバヤシさまの乳首からぶら下がったチェーンを無造作に引っ張りながら、怖いお顔で吐き捨てるようにおっしゃいました。
 ワカバヤシさまの両乳首がおっぱいもろとも痛々しいくらい伸び切っています。

「あうぅっ、そ、それだけはお赦しください。ドミナはいつもその罰の後は、わたくしをしばらく可愛がってくださらなくなるではないですか・・・」
 シーナさまの手を離れた鎖でおっぱいがブランブランと揺れるのにも構わず、ワカバヤシさまが憐れそうに懇願されます。

「あたりまえでしょ?そんな男どもで穢された牝ブタのからだなんて、たとえグローブしていたって触りたくないわよ」
「皮膚の細胞は約一ヶ月で入れ替わる、っていうから、穢れたからだが生まれ替わるまで、おまえは貞操帯嵌めて、セックスもオナニーも、わたしとの謁見も禁止よ!」

 今度はパシッとワカバヤシさまの右おっぱいを打ち据えるシーナさま。
 やっと鎮まっていた鎖が、再び派手にブランブランと暴れ始めます。

「あぁうぅっ、わ、わかりました。奴隷もその罰だけは受けたくないので、いくら可憐な直子さまと言えども、手加減なしでお相手させていただきます」
 私をまっすぐ見て、縋るような目つきで微笑まれるワカバヤシさま。

「そうね、せいぜいがんばんなさい。ほら、そろそろ始めるから、おまえは席を回って空いたグラスやお皿を集めてきなさい」
 シーナさまがおっしゃると、傍らのミイコさまが四角い銀盆をシーナさまに差し出されました。
 もうひとりのメイド服姿の女性がワカバヤシさまの背後に回り、両手の手錠を外されます。

「かしこまりました、ドミナ。奴隷は仰せのままに」
 ワカバヤシさまが膝立ちになると、シーナさまがふたつの乳首から半円状に垂れ下がったチェーンを金具からふたつに分け、銀盆の左右の持ち手部分に装着しています。
 えっ?それってもしかして・・・

 やがて装着が終わったらしく、ワカバヤシさまが立ち上がられました。
 ワカバヤシさまのウエスト部分から、駅弁の売り子さんのように銀色のお盆が飛び出ています。

 そのお盆を支えるのは左右の乳首に噛み付いた2本のチェーン。
 ウェスト部分でもベルトを巻いて銀盆を安定させてはいるようですが、あの状態では銀盆にグラスを乗せるたびに重さで両乳首が引っ張られちゃうはずです。

「ほら、時間押しているんだから、さっさと回ってきな。重くても絶対手を使って支えるんじゃないよっ?」
「は、はいーっ!」
 シーナさまにお尻をピシャリと打たれ、ヨタヨタと全裸でフロアにお出になるワカバヤシさまの後姿。

 そのお尻にはアナルプラグなのでしょう、クルンと円を描いた、まさしく豚さんの尻尾のようなプラスティックの尻尾が生えていました。
 裸足の両足首には黒いベルトの足枷、もちろんその両足首は歩幅くらいのチェーンで繋がれています。

「はーい、みなさーん。そろそろイベント第2部を始めますから、空いたグラスやお皿は、今場内を回っているジャクリーンのお盆に乗せてあげてくださーい」
 ミイコさまがフロアに向かって、ひときわ大きなお声で呼びかけられました。
 気がつくとフロアのお客様の大半が、あるかたは椅子をご持参で、あるかたは立ったまま、私たちのテーブルを取り囲むように集まっておられました。

「ショーのあいだは、中央テーブルに各種お酒のボトルと氷やお水やジュースを置いておくので、各自勝手に作って飲んでね。おつまみはアキちゃんに言えば、簡単なものなら作ってくれると思うわ」
 中央のテーブルにせっせとウィスキーのボトルなどを並べている、もうひとりのメイド服姿な女性を指さされるミイコさま。

「ショーのあいだは、私やママには何を言っても無駄よ。わたしはショーの進行で忙しいし、ママはかぶりつきで観ているでしょうから。それくらいママも今夜のイベントを愉しみにしていたの」
 ドッとあがるみなさまの笑い声。
 そんなあいだもワカバヤシさまはフロア内を全裸で練り歩き、お腹の前の銀盆のグラスの山が高くなるにつれて、乳首の痛々しさが増していました。

「まだちょっと準備に時間かかるから、ナオちゃんはまだここでリラックスしていていいわよ」
 一通りフロアへの呼びかけを終えて私の傍らに戻ってこられ、おやさしくお声をかけてくださるミイコさま。

「あの、ワカバヤシさまの乳首クリップ、あんなにグラスいっぱい乗せて、大丈夫なのですか?もし外れてグラスが落ちてしまったら・・・」
 他人事とは言え、痛々しくて見ていられなくて、思わずミイコさまにお尋ねしてしまいました。

「シィーッ、彼女のことはここではジャクリーンて呼んでね。ドマゾヘンタイ熟女のジャクリーンと社長令夫人のワカバヤシさんとは別人なのだから」
 ミイコさまがイタズラっぽく唇に人差し指を当てておっしゃいました。

「まあ、でも今は公然の秘密みたいになっちゃったけれどね。少なくとも今夜来ている人は全員、彼女の素性の噂は聞いているだろうし」
 いつの間にかいらっしゃったのか、やよいママさまがお話に加わられました。

「シーナも彼女を最初連れてきたときは、ベネチアンマスクっていうんだっけ?あの仮面舞踏会みたいな目の周りだけのマスク着けさせてミステリアスに振る舞っていたのに、何度か通ううちに結局酔っ払って、自分たちでベラベラ白状しちゃうんだもの」

「会社名までは知らないまでも、彼女がどっかの大会社の社長夫人で、おしのびで夜毎ヘンタイ行為に耽っているらしい、って噂は有名よ」
 シーナさまがソファー上のお尻を少し小野寺さま側にずらされ、シーナさまのお隣に窮屈そうに腰掛けられるやよいママさま。

「でも彼女の変装っぷりは見事よ。あたしは会社名まで知っているから、たまにテレビで社長夫人として映るのも見たことあるのよ。だけどまったく別人。髪型もメイクも服装も。テレビに出ているお上品で優雅なご婦人と、今素っ裸で乳首の痛みに耐えているヘンタイマゾ女とが同一人物なんて、とても思えないものね」

 やよいママさまのお言葉に、ニンマリとお応えになるシーナさま。
「表に出るときの名前だってワカバヤシじゃないからね。ワカバヤシは旧姓なの」

「ワカバヤシ・・・ああ、だからジャクリーンさんなのですね?」
 それまで静かに会話を聞かれていた小野寺さまが、唐突にお声をあげられました。

「あ、あなたは気づいたのね?どう?直子はわかった?」
 やよいママさまが突然私に振ってきました。

「えっ?あ、あのいえ、えっと、お綺麗だから欧米系ハーフのかたで、ミドルネーム、とか?・・・」
 まったく見当がつかず、咄嗟に思ったことを口走る私。

「ブーッ!それっぽい顔立ちだけれどアレがハーフじゃないことは確かよ。あのだらしなくいやらしい体型を見ると、数代前にコーカソイド系の血が混ざっていそうではあるけれど」
 シーナさまが可笑しそうにおっしゃいました。

「もっと単純でバカらしいこと。小野寺さん?答えてみて」
 愉しそうに小野寺さまを促されるシーナさま。

「はい。わたくしの考えでは、ワカバヤシさんの漢字を音読みにしただけ。若いと林、すなわち、ジャクとリン」
「大正解!」
 周りを囲むお客様の方々も聞き耳を立てていらしたらしく、パチパチとまばらな拍手が起こりました。







0 件のコメント:

コメントを投稿