2018年4月22日

三人のミストレス 24

 すべてが終わった後、ジャクリーンさまと私は立ち上がるように命ぜられ、もう一度ぬるま湯シャワーを浴びせられました。
 その後、お隣の狭いお部屋に下がることを許され、そこで里美さまとしほりさまにバスタオルで全身を丁寧に拭っていただきました。

 私の五感に残っているのは、目を覆いたくなる薄茶色に汚れた水流と、鼻をつまみたくなるバツの悪い不快臭、スピーカーから流れていたみなさまのヤンヤの拍手喝采の音と、手のひらにゼリーのように吸い付いたジャクリーンさまの柔らかなおっぱいの感触。
 ジャクリーンさまと素肌を合わせたことで私の性的興奮も高まり、ジャクリーンさまの排泄に合わせて私も、クリットへの刺激で小さくイッてしまっていました。

 からだをすっかり拭き終えた後、ジャクリーンさまと私は再び後ろ手に括られ、首輪にリードを繋がれました。
 ジャクリーンさまのリードの先は里美さまの右手に、私のリードはしほりさまに掴まれ、小部屋からお外へと連れ出されました。

 小部屋のドアを外側へ開けた途端、ガヤガヤさざめくフロアの喧騒とビートの効いたヒップホップ音楽のBGMが耳に飛び込んできました。
 ミイコさまを先頭に、リードの鎖で引かれた私が最後尾という隊列で明るいステージ前まで進みます。
 ギャラリーのみなさまの前に全裸亀甲縛りなミイコさまのお姿が見えた途端、場内に割れんばかりの拍手と歓声が沸き起こりました。

 リードを引かれ舞台上へと導かれます。
 バスルームへ行く前のような昼間と同じくらい明るい場内。
 ステージ中央に並んで立つように指示され、里美さまとしほりさまがリードの持ち手を手放されました。

「ご覧の通り、第一ラウンドのバトルは牝ブタジャクリーンの勝利となりました。お食事中のお客様には、不快な光景をお見せしてしまったことをお詫び申し上げます」
 マイクを握られたミイコさまがお道化た感じでアナウンスされると、ドッと笑い声が沸き上がります。

「つづいて第2ラウンドの準備に入りますので、しばしのあいだ、今夜の生贄スレイブのいやらしい裸身でも、じっくりねっとりご覧いただきながらお待ち下さい」
「ミイコ!今日もエロかっこいいわよーっ!」
「ありがと」
 お客様からの掛け声に余裕でお応えになられるミイコさま。

 ステージ上には3名の全裸女性。
 そのうちの2名は後ろ手錠をされ、何も隠すことが出来ずただただ無力に、乳房と女性器をみなさまの前に晒しています。
 ジャクリーンさま、そしてもちろんミイコさまも、場慣れた感じで堂々とされている分、ドキドキ恥じ入ってしまい伏目がちな私が悪目立ちしている感じです。

 お酒片手の大勢の女性たちのギラついた視線が、3名の裸身に分散しているのがわかります。
 バスルームのガラス越しと比べ、生身で向き合う大勢からの眼差しは迫力が大違い。
 今さっき、恥ずかし過ぎる全裸排泄姿をご披露し、ジャクリーンさまと素肌をスリ合わせていたふしだらなおっぱいとマゾマンコに、刺さるように集まる好奇の視線。

 視られている、観察されている、値踏みされている・・・
 それらを全身で実感する、まさに視姦されている、という表現がピッタリな状況。
 上目遣いにチラチラお客様がたを窺いつつ、そんなことを考えていたらぐんぐんマゾ性が昂ぶり、股のあいだの粘膜がヒクヒク疼き始めます。
 
 間の悪いこととはこういうときにあるもので、粘膜から湧いたよだれは瞬く間に決壊寸前。
 休め、の広さに開いた両脚のあいだから、とうとう滲み出た愛液が内腿を滑り落ちました。
 一筋で終わらず、左右の内腿を二筋も三筋も、お客様がたが見守る、その眼の前で。

「若いほうの子、マン汁ダラダラ垂れ流しちゃっているじゃない。ただ突っ立っているだけなのに」
「たぶん裸視られて興奮する類の露出狂マゾなんでしょ。でもあの濡れ方はかなり重症なド淫乱ニンフォマニアね」
「可愛い顔しているのに、残念な子なのね。でもあんなにスケベなら、ジャクリーンとのバトルもいいところまでいくんじゃない?」
「そうよね。これからがかなり愉しみになってきた」

 私の目の前に陣取ったOLさん風なブラウス姿のおふたりが、仲睦まじげに肩を寄せ合い、おそらく私に聞こえるようにわざとらしく大きめなお声で、私を指差しながらご感想を述べあっています。
 そんな侮蔑のお言葉をお聞きして恥辱感に身悶え、ますます濡らしてしまうどうしようもない私。

 幾分うるさくも感じていたBGMの音量が不意に下がり、私たちの横にマイクを持ったミイコさまが戻られました。
 何か始まりそう、と思われたのか、フロアの後方で踊られていた方々も、ゾロゾロとステージ前に詰めかけてきました。

「第2ラウンドは、みなさんよくご存知のニップルファイトです」
ミイコさまのお呼びかけに、おおっ、とどよめきパチパチ拍手を贈られるお客様がた。
 低く流れるBGMが再び、クラシカルなバイオリンワルツの調べに変わりました。

「ただし、今夜のニップルファイトは、今までと違う新しい趣向を凝らしてみました。みなさん今までもう何度かご覧になっていて、マンネリに感じている人もいらっしゃるでしょうから」
 お茶目におっしゃったミイコさまをヒュウヒュウ囃し立てるお客様がた。

「わたしとママやスタッフだって、みなさんにイベントをたくさん愉しんでもらえるように、日夜たゆまぬ研究と実験をしているのよ?」
 イタズラっぽくおっしゃるミイコさまへ、一層高まるご歓声。

「スレイブたちは舞台の中央で向き合いなさい」
 ご命令口調のミイコさまが左手の乗馬鞭でヒュンと空を切り裂きます。
 ビクッと肩を震わせ、おずおずと足を動かすジャクリーンさまと私。

「この中でニップルファイトのやり方を知らないのは直子だけだからね。一応説明しながら進めてあげる」
 対面したジャクリーンさまと私のあいだに割って入られたミイコさまが、主に私のほうを見つつおっしゃいました。

「でもまあこれを見れば、勘のいい直子のことだから、何をさせられるのか、大方の予想はつくと思うけれど」
 エプロン姿のしほりさまがミイコさまの目の前に差し出された銀盆。
 その上に載っているのは、細いながらも頑丈そうな鎖、が2本?
 ミイコさまがそれらを手に取られました。

「チェーンの先に付いているのは、直子も大好きなクリップ、洗濯ばさみね。それがチェーンの両端にひとつづつ」
「そういうチェーンが2本。それで2本の長さはまったく同じなの。これを使ってニップルファイト。これだけ言えば、もうわかったでしょう?」

 ミイコさまがエスっ気たっぷりなお顔でニヤッと笑いました。
 私も、チェーンを見て、自分の乳首を見て、対面のジャクリーンさまのおっぱいを見て、その残酷なゲームを理解した途端、ゾクッと震えました。

「つまりは乳首での綱引きね。両端のクリップでそれぞれの乳首を繋いで、手を使わずにチェーンを引っ張り合って先に外れたほうが負け」
 よくあるカードゲームのルール説明のようなミイコさまの事務的な口調。

「それでは自分でニップルにクリップを噛ませなさい、と言いたいところだけれど、後ろ手錠じゃ無理だわね。それぞれの飼い主さんにでも、付けてもらいましょうか」
 ステージ際のテーブル席で優雅にご覧になっていたお姉さまとシーナさまがステージに呼ばれました。

「あ、それからビデオ担当のあなたも、遠慮なさらずにご自由にステージに上がって近くで撮っていいんですよ。顔のアップとかマンコのアップとか」
 ミイコさまから笑顔で呼ばれた小野寺さまも、レンズを私たちに向けたまま、ステージにお上がりになりました。

「このバトルも、うちの牝ブタが優勢みたいね。これまで何度かここで戦って、負け知らずなのはお客様もご存知のはずだし。さっきも見たでしょう?かけはりにさえ耐えられる可愛げのないマゾ乳首」
 ジャクリーンさまのおっぱいを無造作に掴み、腫れた乳首をめり込ませるようにクリップの先を噛ませるシーナさま。
 ジャクリーンさまの端正なお顔が淫靡に歪んでいます。

「そうでしょうけれど、うちの直子を見くびらないでくださいね。シーナさんやママさんもご存知の通り、この直子は、中学生の頃から乳首に洗濯ばさみを挟んでオナニーしていた、筋金入りのヘンタイマゾ女なんですから」
 シーナさまのご挑発にお姉さまも負けてはいません。
 私のはしたな過ぎる過去を暴露して、私に肩入れしてくださいます。

「あら、でもこのクリップ、ずいぶんとバネがキツイんだ・・・」
 お姉さまのお独り言みたいな不穏なお言葉に、私はドキッ!

「あれ?もう弱音?」
 すかさずシーナさまのからかい口調。

「大丈夫よ直子。あなただってオフィスでの裸エプロン業務を、布越しにクリップで乳首二点止めだけで、1時間以上も耐えられる、立派な秘書ドレイなのだから」
 ますます恥ずかし過ぎる私の日常を暴露しつつ、お姉さまの右手が私の左おっぱいを掴みました。

「はうんっ!」
 お姉さまの指先が私の尖りきった左乳首を絞るように強く摘み、乳暈のほうへと食い込ませるように、冷たい金属クリップの切っ先が押し付けられます。

「あっ、いっつぅぅ!」
 お姉さまの指先がおっぱいから去ると同時に、左乳首全体を締め付ける激痛が走りました。

 挟む力の強いクリップの場合は、お肉を分厚く噛ませたほうが痛みが少ないことは、お姉さまも私との経験上ご存知でした。
 刺されたような痛みがやがてジンジンとした疼痛に変わる頃、今度は右乳首に激痛が走りました。
「いたっ!ぁぃぃ・・・」

 私の右乳首もクリップの金属の中に隠れ、そこから繋がった鎖がジャクリーンさまのほうへと伸びています。
 ふたつの乳首はジンジンと疼痛に苛まれ、おっぱい全体が痺れるよう。
 その痺れが下半身を羽毛で撫ぜるように、トロトロ蕩けさせてきます。

「噛ませたら飼い主のおふたかたはお席にお戻りください。スレイブたちはそのまま待っていなさい」
 ミイコさまのお言葉で、ジャクリーンさまと向かい合い、互いに顔を見つめ合います。

 ジャクリーンさまと私とのあいだは1メートル弱くらい。
 私の左乳首から伸びるチェーンはジャクリーンさまの左乳首へ、右乳首からのチェーンは右乳首へ。

 つまり二本のチェーンが交差して、私の股間の辺りまで、ふたりのあいだにブランと垂れ下がっています。
 細いチェーンでも意外に重さがあるようで、私のもジャクリーンさまの乳首も、硬く尖っているはずなのに重力に引っ張られ、だらしなく下方向へとうなだれています。

 お姉さまとシーナさまがお席にお戻りになったのを見届けて、ミイコさまがお声をかけてきました。
「それではスレイブたち、わたしの号令に合わせてお互い一歩ずつ、後退りしなさい。大股気味に、ゆっくりとね。はい。まず一歩」
 ミイコさまの乗馬鞭がペチッと、軽くジャクリーンさまの臀部を叩きました。

「はい、もう一歩」
「おーけー、もう一歩・・・」

 ミイコさまが号令をかけるたびに、私とジャクリンさまを繋ぐチェーンの撓みが解消されていきます。
 4歩ほど下がった頃には、私とジャクリーンさまとの距離は3メートルくらい離れている感じで、鎖の撓みも殆ど無い状態。
 ほぼ胸の高さに空中で交差していました。

「はい。この状態でバトルを開始すれば今までと同じ。ここから先が新趣向なの」
 フロアのみなさまに向けて、ちょっぴりご自慢そうにおっしゃったミイコさま。

「その今の両足の位置に膝立ちになりなさい。くれぐれも距離を変えないように。ふたり一緒だと難しそうだから、まず牝ブタおばさんから」
 ミイコさまのイジワルなお言葉にクスクス笑うギャラリーのみなさま。

「いったんしゃがんで、それから膝を着くといいわ。よろけると危ないから里美さん?悪いけれど手伝ってあげて」
 ミイコさまのお言葉でジャクリーンさまに駆け寄る里美さま。

「ぁいんっ!」
 不意にグインッと、乱暴におっぱいを引っ張られ、その痛みに思わず淫ら声が出てしまいました。
 引っ張られた先を見ると、ジャクリーンさまが膝を折られ、しゃがみ状態から膝立ち状態になろうとしているところでした。

 ジャクリーンさまがおからだを動かすたびに、揺れる乳房の振動がチェーンを伝わって私の乳首に響き、おっぱいをも震わせてきます。
 乳首同士が鎖で繋がっている、ということがなんだか凄くエロくて、まさに二匹の見世物セイドレイという感じ。
 それにあれだけ乱暴に引っ張られても、このクリップたら、噛み付いたままビクともしない。

 これから綱引きするって、わたしのおっぱい、どうなっちゃうんだろう・・・
 不安と期待がないまぜになった、結果的に被虐へと収束する淫らな感情が全身を駆け巡ります。

「おーけー。次は直子。しほりさん?お願いね」
 ミイコさまのお声でしほりさまに支えられ、今度は私がその場にしゃがみ込みました。
 しゃがんだ後、少し前傾して両膝をステージの床に着き、ふくらはぎを伸ばして膝立ちになります。
 今度はふたりのあいだのチェーンが張り詰めることもなく、無難に終わりました。

「うーん、鎖が少し緩んじゃったわね。直子、もう少し後ろに下がりなさい」
 ミイコさまからのご命令でしほりさまのお手を借り、膝歩きでじりじり後退します。

「おーけー。そのくらいでいいわ」
 ミイコさまのストップがかかり顔を上げると、ジャクリーンさまとのチェーンは膝立ちの胸の高さ、ほぼ一直線に戻っていました。

 交差するほぼ中央付近で二本のチェーンが触れ合うと、その振動が乳首にビンビン伝わってきます。 
 噛まれている痛さと揺れの痛さが、おっぱい全体をサディスティックに絶えずなぶっています。

「ふたりとももう少し股を開いておきなさい。いいものをあげるから」
 ミイコさまのご命令に従順に応じるジャクリーンさまと私。
 休め、の幅くらいに開いた膝から伸びる腿の付け根を、空気がスースー通り抜けていきます。

「おまえたちにはこれを使わせてあげる。これで気持ち良くなりながらニップルファイトをするの。どう?嬉しいでしょ?」
 ミイコさまが取り出されたのは、俗に、電マ、と呼ばれる電動マッサージ器。
 一番ポピュラーな全長3~40センチくらいのゴツいやつでした。
 それを一本づつ、里美さまとしほりさまに手渡されました。

「バトル開始と同時にその電マを握らせてあげるから、おまえたちはそれをオマンコに押し付けて、身悶えなさい」
「ニップルファイトはクリップが先に外れたほうが負けだけれど、もし電マを落としちゃったら、その時点で有無を言わせず負けね」

「電マのスイッチはオフれないようになっているから。振動の強弱は手元のホイールで好きなように操作出来るわ」
 確かにさっきからずっとヴゥーンという淫靡な低音が聞こえていました。

「イキたいだけ、何度でもイッていいのよ、電マさえ落とさなければ。それでクネクネ身悶えて、相手の乳首のクリップも引っ張り落としちゃいなさい」
「ボールギャグも敢えて嵌めないから、ヨガり声も好きなだけあげなさい。このお店はバブルの頃はライブハウスだったらしくて、防音は完璧だから」

「これでギャラリーのみなさんも、ニップルファイトとスレイブどものオナニーショーが同時に愉しめるってわけ。いいアイデアでしょ?」
 最後のお問い掛けをフロアに向けて投げかけると、一斉のイェーイッ!と大拍手。

「それでは始めましょう。里美さんしほりさん?お願いね」
 ミイコさまのご合図でしほりさまが私の背面に近づかれ、後ろ手にされた両手にブルブル震えているもの握らせてくださいました。
 双楕円錐状の持ち手を股のあいだにくぐらせると、ひと回り大きく突起したマッサージ部分が恥丘のすぐ前に飛び出しました。

 こんな状態で、こんな器具をマゾマンコに押し付けたら・・・
 私は身も蓋もなく、呆気なくイキ果ててしまうことでしょう。
 見知らぬみなさまも見物されている、その前で。

「では始めましょう。レディ?」
 ミイコさまのご合図のときはまだ、しほりさまが背後からお手を添えて電マを支えていてくださっていました。
 おそらくジャクリーンさまもそうだったのでしょう。

「ゴーッ!」
 ミイコさまの号令とともに電マの唸りがブーンッと一際上がり、しほりさまがお手を引くタイミングで電マの強い振動が胴体ごと、私の股間、肉芽、陰唇、粘膜、膣口、お尻の穴にまで万遍なく、グイーッと押し当てられました。

「あぁはぁーーっ、あーあっ、あっぁーーーっ!・・・」
 ジャクリーンさまと私の切なく淫らで悩ましい悲鳴が同時に、ステージに響き渡りきます。

「あっ、あっ、いいっ、いいのぉーっ!」
 あられもないお声をあげたジャクリーンさまが、グイーンと上体を後方へのけぞらせています。

「ああん、つ!いたぁいぃぃーっ!」
 ジャクリーンさまのほうへとチェーンが引っ張られ、乳首ごとおっぱい全体が前方へと伸びています。

 乳首を伸ばされ、おっぱいが引き千切れそうなほど引っ張られ、その痛みが官能に火を点けます。
 痛みを少しでも紛らわそうと、不自由な後ろ手でしっかり握った電マを股間に押し付けて快感を貪る私。
 イヤイヤをするように身を捩ると、チェーンが張り詰めたり緩んだり。

「あーっ、イキますっ、イッちゃいますぅぅーっ!」
 ジャクリーンさまの一際甲高いお声が響き、見るとジャクリーンさまは、電マの胴体をゴシゴシとご自分の股間に擦りつけていらっしゃました。

「あ、いやっ、だめっ、そこっ、そこそこーっ!」
 私も電マのヘッド部の段差になっている端っこが、いい具合にクリトリスに引っかかることを発見し、押し当てたままホイールを回して振動具合を強めました。

「あんっ、私もイキます、お姉さま、みなさま、イッても、イカせていただいて、よ、よろしでしょうかーっ!」
 おっぱいの痛みはほとんど感じなくなっていました。
 ジャクリーンさまが一足お先におイキになり、身悶えが静かになっていたからでしょう。
 
 電マのヘッド部はいい感じで私の腫れた肉芽をなぶりつづけ、からだの底からの快感がせりあがりつつありました。
 ただ、それに加えて私の汗まみれな右乳首からクリップの先端が、皮膚をザリザリ擦りつつ滑り始めていることにも気がついていました。

「あーっ、またくる、またくるーっ、またきちゃうーっ!」
 ジャクリーンさまの咆哮が再び始まり、私のおっぱいが前方へと引っ張られます。
 ジャクリーンさまはもはや膝立ちのお背中を後方へブリッジするみたいに大きく
のけぞらされ、電マのヘッド部分を押し当てたオマンコをこちらに突き出していらっしゃいました。

 右乳首の痛みが凄く強くなっている気がします。
 加えて左乳首も。
 おそらくクリップが強く引っ張られて滑り、さっきより皮膚の薄いところへと移動してしまったのでしょう。
 
 外れちゃうのも時間の問題。
 こういうのって外れる瞬間が、一番の激痛なんだよね・・・

 それでもかまわない、と思いました。
 痛ければ痛いほど、その瞬間にイケば、快感も何倍にもなるはずだから。
 もう少し、あと少し・・・
 
 じりじりとホイールを回してクリットへの振動を強めながら、私はその瞬間を待っていました。





2018年4月15日

三人のミストレス 23

「んぐぬぅぅーーっ・・・」
 お尻の穴に潜り込んだ管の先から、間断なく体内に侵入してくる生ぬるい液体。

 何度されても慣れることのない、からだの内側からじんわり侵略されているような、おぞましい感覚。
 体内に送り込まれる液体の量に比例して、我慢しきれない呻き声が長く零れ出てしまいます。

「これで200。あと50ね」
 ミイコさまのお声と一緒にいったん肛門から侵入者が離れ、あわてて括約筋をキュッと窄める私。
 お腹の中が違和感で満たされ、早くもそれらを追い出したがっています。

「んふぅーーんーっ・・・」
 お隣からも私よりハスキーで色っぽい、甘えるような溜息が聞こえてきました。
 首を右に傾けると、悩ましげに眉をしかめ、顎の先を突き出して唇を真一文字に結んだジャクリーンさまのエロティックなお顔がありました。

 四つん這いを支える小麦色に日焼けした二の腕。
 その小麦色と淫靡なコントラストを描いて、日焼けしていない青白く重たそうなおっぱいが、尖った乳首を下にしてタプンと垂れ下がっています。
 少しお肉がだぶつきながらもちゃんとくびれたウェストへと、なめらかに下る背中のカーブが凄くいやらしい。

「そっちのシリンジはいっぱいで300だから、あと200ね」
 里美さまへご指示されるミイコさまのお声に、あうぅぅ、と呻くジャクリーンさま。
 視ていた私と目が合うと、尚更お顔を大げさにしかめつつ、切なげに見つめ返してきました。

「はうっ!んぅぅ・・・」
 私のお尻にも再び冷たい注入口が突き立てられ、更に下半身の膨満感が増していきます。

「最低限5分は我慢。5分超えて先に出しちゃったほうが負け。ほら直子?みなさん視てくださっているのだから、ちゃんと顔を上げていなさい」
 ミイコさまの愉しそうなお叱り声が、お尻のほうから聞こえてきます。

 伏し目がちに視線を正面へと走らせると、素通しガラスの向こうにたくさんのお顔。
 どなたのお顔も瞳と唇が薄っすら笑っていて、動物園で珍しい生き物を見ているような、まさに好奇の眼差しというお顔つき。

 私、見世物なんだ・・・
 これから排便姿を観察される、人間以下の見世物なんだ・・・
 こんなにたくさんの見知らぬお客様がたに、自分の汚いものを垂れ流す姿をお見せしなくてはいけないんだ・・・
 みなさまの嘲笑と軽蔑が入り混じったような視線に、マゾ性がキュンキュン反応してしまい、心はこんなに絶望的なのに、からだだけ気持ち良がっている・・・

「スレイブたちが我慢しているのをただ視ているだけじゃ、ギャラリーはいまいちつまらないわよね?」
 ミイコさまがフロアに問いかけると、ガラスの向こうで一斉に、イェーイ、という形に動く無音の唇たち。

「そちらのマイクをこっちにも聞こえるようにするから、それぞれの飼い主からスレイブに、応援の罵声を浴びせてあげて」
 ミイコさまのご提案と同時に、バスルーム内に臨場感あるザワザワする音が聞こえるようになりました。
 どこにスピーカーが有るのだろう?
 少し見渡してもわかりませんでしたが、フロアにおられるお客様がたは、かなりお賑やかなご様子。

「いきなり浣腸対決なんて、今夜は凄いことになりそうね・・・」
「若いほうの子は、もうなんだか泣きそうじゃない?・・・」
「こんな大勢に排泄姿を見物されるなんて、女としてサイテーな、おぞましいくらいの屈辱よね・・・」
「本当、ジャクリーンはゾクゾクするくらい、いやらしい顔になってる・・・」
 みなさま口々に、お好き勝手なご感想を述べられているのが洩れ聞こえてきます。

「この勝負はボーナスステージよね。うちの牝ブタには500ccの浣腸なんて、快楽のアペリティフにさえならないもの」
 突然、マイクに乗ったシーナさまの一際大きなお声が、バスルーム内に響き渡りました。
 ガラスの向こうでは、ステージに上がられて私たちと距離が近くなったシーナさまとお姉さまが、それぞれマイク片手にこちらを覗き込んでいます。

「普段から1リットル以上飲み込んでも10分は我慢するように躾けているから、どう転んでもわたしの牝ブタの勝ちよ」
 シーナさまがニヤニヤ笑いでお姉さまを挑発されます。

「それは認めるしかないですね。うちの直子はまだエネマ経験が浅くて堪え性が無いの。たぶん5分も保たずに出しちゃうんじゃないかな?」
 それを受けてのマイク片手なお姉さまからは、まるで他人事のようなコメント。

「だからせいぜい早々と無様な排泄姿を晒して、見物されているみなさまから盛大に蔑んでいただくのが、マゾ女としての最低限の務めよね?」
 突き放したようなお姉さまのお言葉で、イェーイッ!パチパチパチと大いに盛り上がるギャラリーのみなさま。

「ちなみにこの直子、大きいほうの排泄姿は私とママさん、あとはシーナさんとミイコさん、それにあそこにいる里美か、だからつまり、えっと・・・」
 しばし宙を見上げ、右手の指を順番に折りたたむお姉さま。

「その5人にしか視られたことないんです。だから今夜のお客様は、かなりレアな現場の目撃者になられるんですよ?」
 お道化た口調でのフロアへのお問い掛けに、ヒューヒューとますます盛り上がるお客様がた。

「うちの牝ブタがぶっ放すところなんて、みんなもう何度も視て見飽きちゃっているもんね」
 半笑いでまぜ返すようなシーナさまの自虐的なお言葉に、ドッと沸くギャラリーのみなさま。

 そうしているうちにも私の便意はグングン高まっていました。
 お腹の内側を捩るようなキリキリとした痛みが絶えず走り、自分の耳にも聞こえるくらい、お腹がグルグルゴロゴロ呻いています。

 四つん這いの両腕がフルフル震え、ちょっとでも力を抜いたら即、噴射しちゃいそうなエマージェンシー状態。
 唇をかみしめると目尻から冷汗ではない水滴がたらり。

「はい、只今5分経過で我慢バトル開始でーす。ここからは2分ごとに追加注入していきまーす」
 キリキリ痛む下腹部を懸命になだめていたら不意に、ずいぶん朗らかなミイコさまのお声が響きました。

「ジャッキーには100cc、直子には50ccづつね」
 つづいて放たれたそのお言葉をお聞きして、あえなく私は観念しました。
 これ以上注入されたら、私のお腹はパンクしてしまいます。
 いえ、注入口を肛門に押し込まれた時点で決壊し、無様に垂れ流してしまうことでしょう。

「あうっ、ご、ごめんなさい・・・わ、私もう、もう限界ですぅ・・・」
 ミイコさまのお声のしたほうに首を曲げ、震える唇で懇願しました。

「あら?直子はもうギブアップ?出したいの?」
 ご愉快そうなミイコさまのお声。

「は、はい・・・だ、出してもよろしいでしょうか?・・・」
 お腹の中をキューッと捻り上げてくる痛みに必死に逆らいつつ、ギュッとアヌスに力を込めています。

「出すって、何を?]
「あのえっと、べ、べん、です・・・」
「べん?」
「あ、いえ、その、つまり、う、うんち・・・です・・・」
 どこまでもイジワルなミイコさまからのお言葉責め。

「そう、こんなに大勢の同性のみなさんの前で直子は、アナルからうんち撒き散らしちゃう姿、見せたいんだ?」
 心の底から愉しそうなミイコさまの弾んだお声。

「そこまで言うなら、いいわよ、許してあげないこともないけれど、でも許しを乞う相手は、わたしではなく視ているお客様たちなのではなくて?ガラス越しとは言え、直子の汚いもの、強制的に視なくてはいけないのだから」
 ミイコさまの冷たいお声に、便意と一緒に性的高揚もグングン昂ぶってしまいます。

「わたしの言う通りにお願いしなさい。いい?みなさま、ヘンタイマゾメスの直子が浣腸に耐えきれず、はしたなくうんちを撒き散らす姿を、どうぞじっくりご覧になってください。ほら?」
「ひっ!」

 ほら、という掛け声と共にミイコさまの乗馬鞭が、私の左尻たぶをピシッと打ち据えました。
 思わず括約筋が一瞬緩み、チョロっと洩れた生温かいお水が内腿を垂れていくのがわかりました。

「は、はい・・・み、みなさま・・・へ、ヘンタイマゾ、ヘンタイマゾメスな、な、直子・・・」
「違うでしょ?お願いするのならちゃんと前を向いて、みなさんにしっかり顔を向けながら、でしょ?」
 ミイコさまの鞭が今度は右の尻たぶへ、お言葉と一緒に振り下ろされます。

「ひっ、はっ、はいっ、ヘンタイマゾメス直子が、お、お浣腸に耐えられずに、う、う、うんちをはしたなく垂れ流す姿を・・・」
 ご命令通りまっすぐ前に顔を向けていると、みなさまのご様子が否が応にもわかります。

 興味津々な瞳、侮蔑の瞳、嗜虐に溢れた瞳。
 どの瞳も一様に愉しげで、蜘蛛の巣に捕まった憐れな虫を観察しているみたい。
 この人たちみんな、私の排泄姿を心待ちにしているんだ・・・
 そう考えた途端、筆舌に尽くせない恥辱感と、めくるめく甘美な被虐性の興奮が全身を駆け巡りました。

「ど、どうぞ、どうぞじっくり、ご観察くださいぃぃ・・・」
「はい、よく出来ましたっ!」
 ピシッ!

 ミイコさまのお言葉と同時に響いた3発目の打擲音。
 その音が合図だったかのように、すぼめていた菊門が力尽き、一気に開花する感覚。
 プスプスピシャピシャと恥ずかし過ぎる破裂音がつづきました。

「あああーー、ごめんなさい、ごめんなさいぃーーっ・・・」
 文字通り堰を切ったようにお尻の穴からお外へと飛び出していく私の水流。
「いや~~ぁぁあっ、見ないでぇーーっ・・・」
 意図せず口をつく心からの叫び。

 やがてそこはかとなく漂ってくる、いたたまれない恥ずかし過ぎる臭い。
 後方へと飛び散った私の水流が床を流れ、四つん這いの私の手のほうへと戻ってきます。
 その水流が僅かに茶色がかっていて、尚更私を赤面させます。

「あーあ、あの子、本格的に泣いちゃったよ」
「そりゃそうよ。こんな大勢の前でうんこ漏らす姿、見られちゃったんだもん」
「でも、あの子の乳首、ずっと尖りっぱですっごく硬そうじゃん。感じちゃってるんじゃない?」
「マゾだもの、当然でしょ。辱められたいから今夜、このイベントに連れてこられたんだろうし」

 私が噴出した瞬間、ドッと沸いたフロアから口々のご感想が漏れ聞こえていました。
 そして事実私は、肛門を開放すると同時にマゾマンコの粘膜をヒクつかせ、軽いオーガズムを感じていました。

 ザザーッという派手な水音でフロアのざわめきが遠のきました。
 私の汚水を流し清めるために、ミイコさまがシャワーを全開にして床を流してくださっているみたい。
 床を流れゆく水流が透明に変わり、いたたまれないあの臭いもみるみる薄れていきました。

 しばらくすると今度は私のからだにお尻のほうから、ぬるま湯が激しく浴びせかけられます。
 瞬く間に全身びしょ濡れの私。
 だけど自分の汚水で汚れた腕や足も綺麗に流され、お腹の違和感も解消してなんだかサッパリ気分。
 
「第一ラウンドは直子の負け、ということで、直子は立ち上がっていいわよ」
 シャワーを止めてバスルーム内に静寂が戻ったところで、ミイコさまがおっしゃいました。
「あとはこっちのおばさんね。さっきシーナちゃんは1リットル以上でもへっちゃらって、言っていたけれど」
 
 ミイコさまからお許しをいただき、私はゆっくりと立ち上がりました。
 ジャクリーンさまのお尻の脇で立っていらっしゃるミイコさまに手招きされ、おずおずと近づきました。

「今、いくつ追加した?」
 里美さまに尋ねられるミイコさま。

「直子の噴射が終わった後に100入れましたから、都合600ですね」
 里美さまの嬉しそうなお返事。
 私が床に這いずって打ちひしがれていたときも、里美さまは淡々とご自分の任務を遂行されていたようです。
「おーけー。じゃあちゃっちゃとあと400入れちゃって」
 
 全身から水滴を滴らせた私と、全裸に亀甲縛りでカラーとカフス付きなミイコさま。
 それにメイドエプロン姿の里美さまとしほりさま。
 4人に取り囲まれて見下される、全裸四つん這いなジャクリーンさまの小麦色のお背中。
 その無防備なお背中は、本当にみじめで、無様で、滑稽で、もっと虐めたい、という嗜虐心を煽リ立ててくるお姿でした。

「了解。200ccを2本ですね」
 弾んだお声の里美さまが、ミイコさまから小さいほうのお浣腸器を譲り受けました。
 嬉々としたお顔でボウルの液体を、お浣腸器に目一杯吸い上げる里美さま。
 そそくさとジャクリーンさまのお尻側に回ってひざまずき、無言で肛門に突き立てました。

「うぬぅ・・・」
 小さく呻かれたジャクリーンさま。
「んんぬぅーーっ・・・」
 里美さまが持たれたお浣腸器のシリンダーが押し込まれるのと呼応するように、ジャクリーンさまの長い呻き声が響きました。

「最後の200は直子、入れてみる?」
 抜いたお浣腸器を再び液体で満たす里美さまを眺めつつ、ミイコさまが尋ねてきました。

「えっ?私が、ですか?いいんですか?私、負けたのに・・・」
 思いもよらないご提案に、盛大にあわてる私。

「負けたも何も、わたしたちに言わせれば直子もおばさんも同じドマゾ。まあ、わたしもパートナーの前ならエムなんだけどさ、たまにエスになるのも、愉しいわよ?マゾがマゾを虐めるのを見物するって、単純に面白いじゃない?」
 からかうようにおっしゃるミイコさま。
 お受けして良いものなのか決めかね、ガラスの向こうにお姉さまたちのお姿を探すと、お姉さまも私を見て、ウンウンとうなずいてくださいました。

「どうせ自分でもひとりエネマえっち、してるんだろうから、入れ方のコツはわかるでしょ?ほら、がんばって」
 里美さまから、ずっしりと重いお浣腸器を手渡されました。

 先ほどの里美さまのように、ジャクリーンさまの突き上げたお尻の麓にひざまずきます。
 至近距離で対面するハート型の大きなヒップ。
 おそらくTバックで日焼けされたのでしょう、お尻の割れスジに沿ってだけ、か細く日焼けしていない白い線が出来ている小麦色の小山。
 そのスジの真ん中辺に、幾分色素が沈殿して赤みがかった派手めな菊座が、ヒクヒクと波打っていました。

 左手をお浣腸器の筒に添え、ゆっくりと注入口を穴へと差し挿れました。
「あふぅぅ・・・」
 頭のほうから漏れ聞こえて来たジャクリーンさまの切なげな溜息。
 注入口がズッポリと埋まったのを確認してから、ゆっくりとシリンダーの押子を押し込んでいきます。

「ああ・・・んふぅぅーーー、ぬぅぅーーーっ・・・」
 気持ち良さそうなジャクリーンさまの喘ぎ声が響き、押子がどんどんシリンダーに埋まっていきます。
 押子がこれ以上進めない状態となり、お浣腸器を引き抜く頃には、何とも言えないサディスティックな気持ちになっていました。

「直子?浣腸器抜いたら今度は50cc分何も入れずに注入してやりなさい。その押し手をちょっと引っ張るだけでいいから」
 フロア側からシーナさまの冷たいお声が聞こえてきました。

「ああ、ドミナ、そんなぁ・・・」
 ジャクリーンさまの、今までになく悲痛なお声。

「牝ブタの弱点なのよ、空気浣腸。これやると余裕失くして、すぐにみっともなくおなら響かせながらぶち撒けちゃうはずよ。あれが早く出すもの出さないと、次のバトルに移れないでしょ」
 心底ご愉快そうなシーナさまのお声がかぶりました。

 シリンダーを引っ張って目盛りを50ccに合わせ、再びジャクリーンさまの肛門に突き立てました。
「ああぁ・・・」
 さっきまでとはニュアンスの違う、切羽詰まったジャクリーンさまの呻き声。
 かまわず押子を押し、ジャクリーンさまの体内に空気を送り込みます。
 お浣腸器を抜いた途端、ジャクリーンさまのお腹が大きく、グルグルーッと啼きました。

 再び見下すジャクリーンさまの裸体。
 ジャクリーンさまは、んふぅ、とか、ぬぐぅ、とか唸りつつ、必死に便意に耐えておられるご様子。
 ときどきお背中がフルフル震え、全身が紅潮しきています。

 どなたかがお浣腸に耐えているお姿をライブで間近に拝見するのは初めてでした。
 自分の姿なら鏡で何度か視ていましたけれど。
 なんてみじめで可哀想なお姿だろう、と思いました。
 と同時に、もっと苦しめ、もっと恥じ入れ、と心がどんどんエス寄りになっている自覚もありました。

 それでもジャクリーンさまは、よく耐えていらっしゃいました。
 追加のお浣腸から5分以上経過してもまだ、全身を震わせつつ我慢しておられました。
 はしたない喘ぎ声だけは、とても大きくなっていらっしゃいましたが。

「サカッちゃうばかりで、これじゃ埒が明かないわね」
 ミイコさまが呆れ顔で私を見ました。
「直子、この牝ブタをもっと虐めて、早く楽にしてあげなさい」
 ニヤッと笑ってのご命令。

「えっ?でも・・・いいんですか?」
「いいんですか?も何も、浣腸して出さないまま第二ラウンドでステージに上がったら、フロアでぶちまけちゃうかもしれないじゃない?そうなったらお客様が大迷惑でしょ」

「あ、はい、で、でも、どうやって・・・」
「簡単なことでしょ?直子が虐められているとき、こうされたいな、って思うことを、おばさんにしてやればいいのよ」
 お鼻で笑うようにおっしゃったミイコさま。

 同じようなことをずっと以前、言われたことがありました。
 大学受験のためにピアノを習っていたときのピアノ先生から。
 その先生は母のお知り合いで、私と同じような性癖を持つ大人の女性で、私に虐められたがっていました。

「有能なエムの人っていうのは、必然的に優秀なエスの素質を持っているものなの。だって自分と同じようなエム気質を持っている人が、どんなことをされると嬉しいのか、全部わかっているのだから」
 そのときの興奮が脳裏に、あざやかによみがえりました。

「わ、わかりました・・・やってみます」
 表向きはおずおずを装っていましたが、心の中はワクワク弾んでいました。
 
 ジャクリーンさまの四つん這いのおからだの側面にひざまずいて、右手をゆっくりと伸ばします。
 実は、ジャクリーンさまの蠱惑的な裸身をひと目拝見したときから、その重くて柔らかそうな乳房を触ってみたくて仕方なかったのです。

「失礼します」
 一応ご挨拶をしてから、垂れ下がった左乳房を右手で乱暴にワシづかみました。

 ムニュッと指がめり込む柔らかいお肉の感触。
 手のひらに当たる、私の親指くらいありそうな固くシコった乳首。
 気持ちいい・・・
 予想通り弾力に富んだ、いつまでもムニムニしていたいような中毒性のある感触に、夢中で揉みしだいてしまう私。

「な、直子さまぁ?・・・」
 最初は戸惑い気味だったジャクリーンさまも、私の執拗な揉みしだきに段々と気持ち良くなられてきたみたい。

「ああ、そんな、およしくださいませ、あ、あっ、そんなにされますと、奴隷はもう、奴隷はもう、ガマンが効かなくなってしまいますぅ・・・」
 みるみるお声を荒げ、上半身を身悶えさせるジャクリーンさま。

「そんな横から手を突っ込んでいたらやりにくいでしょう?直子、ジャッキーに跨って覆いかぶさって、両手で揉んであげれば?両方のおっぱいを一度に」
 ミイコさまが笑いながらアドバイスしてくださいました。
 私はミイコさまにお返事も返さずに立ち上がり、四つん這いなジャクリーンさまのお背中に、はしたなくも馬乗りになりました。

「ああんっ、直子さまぁ・・・」
 ジャクリーンさまが突っ伏していた両腕を持ち上げ、正しく四つん這いのお馬のような姿勢になられます。
 ジャクリーンさまのお背中を跨いでいる私は、上半身を前傾して両手にひとつづつ、ジャクリーンさまの左右の乳房を再びワシづかみます。

「ああ、もっと激しく、もっと乱暴に奴隷のおっぱいをなぶってくださいませぇ・・・」
 暴れ馬みたいにお背中をクネクネくねらせながら、ジャクリーンさまが身悶えます。
 私は両手のひらでおっぱいを引き千切るみたいに、揉んで伸ばして摘んで抓って。

 大きく開いた私の股間には、ジャクリーンさまの背骨の筋が密着して、腫れた肉の芽を刺激してきます。
 前傾姿勢の私の乳首が時折、ジャクリーンさまのお背中の肌に擦れます。

「あっ、んっ、いいっ・・・」
 そのたびに淫らな溜息を洩らす私。
 ジャクリーンさまと私の嬌声がバスルームに響き渡ります。

 ガラス越し真正面に陣取られた小野寺さまのビデオのレンズが、私たちをまっすぐ捉えていることはわかっていました。
 それも含めた他のお客様がたの視線さえ、まったく意に介さないほど、私はいつしかその行為に夢中になっていました。

 ジャクリーンさまのお背中の上で腰を前後に揺らし、開いた股を擦りつけて高みに昇ることだけに熱中していました。
 もちろんジャクリーンさまのおっぱいをなぶる両手も休めずに。

「あんたたち、アンアン喘ぐのはいいけれど、スレイブが気持ち良くなるためのバトルではないんだからね?とくに直子、おばさんに早くうんちをさせるための責めをしなさい」
 ミイコさまの呆れ声と共に、ピシッとまず私のお尻に鞭が打たれ、つづけてもう一発音だけがピシッ!

 そうでした。
 ジャクリーンさまの排泄を促すのが私の任務。
 私がお浣腸されたとき、一番されたくないのに望んでいることって・・・
 考える間もなくからだが動いていました。

 四つん這いのジャクリーンさまに跨った両足を浮かせ、背後からおんぶでしがみつくようにからだを密着せました。
 それから浮かせた両脚のかかとで、ジャクリーンさまの下腹部をグイグイ押し始めます。
 排泄を我慢している膨れたお腹を押されることほど、切ないことはありません。

「ああーっ、直子さまぁ、そんな、それは、それだけはーっ!」
 ジャクリーンさまが悲痛なお声をあげてもかまわず、両足のかかとで叩くように、柔らかな下腹部を圧迫しつづけます。

「ああ、もう、もう、お許しくださいぃ、それ以上は、もう、もうーっ!」
 お背中に乗っているのでご表情は見えませんが、ジャクリーンさまのあられもなく歪んだお顔が見えるよう。

 プスゥーーッ・・・
 とても恥ずかしくはしたない音が背後から聞こえた後、密着した肌から緊張が解け、弛緩した諦めが伝わってきました。
 すぐにブジューーッというお水が弾ける音。
 水音はずいぶん長いあいだ途切れ途切れにつづき、鼻腔をくすぐる得も言われぬ硫黄に似た恥ずかし過ぎる異臭。

 力尽きたジャクリーンさまは四つん這いの腕をたたみ、縁の溝へと流れ落ちる薄茶色のご自分が出された汚水に浸って突っ伏していらっしゃいました。
 私がしがみついているその肩だけを、ハアハアと荒々しく上下させながら。


三人のミストレス 24

2018年3月25日

三人のミストレス 22

「スレイブたちは部屋の真ん中まで行きなさい」
「仰せのままに、ミストレス」
 ミイコさまのご命令にジャクリーンさまがお芝居っぽくお答えになり、しずしずとバスルーム奥へと進まれます。

 ジャクリーンさまのお背中を数歩遅れて追う私。
 バスルームの床は排水の為なのでしょう、縁の四方に溝が走り、洗い場スペースは階段ニ段分くらい高くなっていました。

 歩きながら何気なく左側を見たとき、ドキッと心臓が跳ねました。
 そちら側の壁一面が全部、鏡になっていたからです。
 明るい照明の下で、前を行かれるジャクリーンさまと、後につづく私の全裸姿が鮮やかに映し出されていました。

「おーけー、その辺りで鏡のほうを向いて並んで立って、髪が濡れないように、自分で後ろ髪をまとめて上げていなさい」
「里美さんたちは飛沫で濡れないように入り口付近にいていいわ、これからスレイブたちに水浴びさせるから」
 背後からミイコさまのお声が聞こえてきます。

 そう言えば、さっき上がったステージも、後ろ側が全面鏡張りだったっけ。
 それでこのバスルームは、そのステージのちょうど真裏に位置しているはず。
 もしかしたらこの鏡って・・・
 不穏な予感が脳裏をよぎりました。

 お隣を見るとジャクリーンさまは、両手で後ろ髪を束ねて後頭部まで上げ、鏡に向かって背筋を伸ばしてスクッと立たれておられます。
 露になったうなじとほつれた後れ毛が凄く色っぽい。
 鏡には両腋の下全開な、結果的にマゾの服従ポーズとなったジャクリーンさまの等身大の裸身が鮮明に映っていました。

 ジャクリーンさまがこのバスルームの存在にまったく驚かれていないのは、このお店のイベントに何度もご出演されてご存知だったからでしょう。
 全面鏡にも、さも当然のようなお振る舞い。
 私たちが来る前にもショーをされていたようだし、ここは経験値のお高いジャクリーンさまの真似をしておけば間違いないだろうと思い、私もお隣で同じポーズを取ることにします。

「ひゃんっ!」
 不意に背中に刺激を感じました。
 鏡を見ると私たちの背後から笑顔のミイコさまが、シャワーホースで水流を当ててきていました。

 シャワーと言うより、お庭のお水撒きみたくほぼ一本線となった勢いの良い水流。
 ジャクリーンさまと私を交互に狙って、強い水流が背中を打ちつけてきます。
 少し湯気の立つほどよいぬるま湯なので、冷たさは感じません。
 ピシャピシャという奔放な水音がバスルームに響き、目前の鏡がみるみる曇っていきました。

「これからお客様にじっくり視て、弄ってもらう淫乱マンコは、とくに念入りに洗ってあげる。もっと脚をガバっと開いて、こっちにお尻を突き出しなさい!」
 らしくないミイコさまの大きなご命令声は、やかましい水音に負けないためでしょう。

「お心遣い、ありがとうございます、ミストレスっ!」
 ジャクリーンさまも負けじと大きなお声でお答えされ、両脚をグイッと左右に大きく開いて膝を折り、腰を落として前屈みになられました。
 何て言うか、取り組み前のお相撲さんみたいな、女性がするととても浅ましい感じのガニ股大開脚。

「ほら、直子もっ!」
「あ、は、はいっ!」
 ミイコさまの怒声に煽られ、あわてて私もジャクリーンさまのポーズを真似します。

「あふぅぅ・・・」
 お隣からジャクリーンさまの悩ましいお声。
 激しい水流がジャクリーンさまの開いた膣穴を直撃しているのでしょう。

「あぁんっ!」
 すぐに私も同じ声をあげることになりました。
 大きく割れた股間の粘膜に、勢い良く飛び込んでくる太くて乱暴な水流。
 おまけに予想に反して真水に戻った冷たい刺激。

 水流はお尻の穴とその下の穴をせわしなく上下して、イタズラに情欲を刺激してきます。
 私は小さくあふんあふん、喘ぎっ放し。
 一番敏感な部分に水流を当てたくてお尻を捩っていたら、唐突に水流がピタッと止まりました。

「上半身を起こして、こっちを向きなさい」
 ミイコさまのご命令に即座にご反応されるジャクリーンさま。
 私もジャクリーンさまと同じように、ガニ股のまま回れ右をしてミイコさまのほうに向き直ります。

 間髪入れずほとばしる水流が、今度は先に私のほうへと襲いかかってきました。
 水温は真水のまま、冷たい刺激がおっぱいに打ち付けられます。

 さーこママさまのお店を出るときは濡れタオルで全身を拭かれた程度でしたから、まだなんとなくベタベタしていた素肌の汗やよだれの残滓が、ビシャビシャという水音と一緒に洗い流されていきます。
 気持ちいい・・・
 水流に合わせて両手を素肌に滑らせたくて堪りませんが、マゾドレイの身ですから服従ポーズを崩すわけにはいきません。

 水流が徐々に下っておへそを穿たれ、お腹の辺りはとくに入念に。
 さらに両脚を流し、最後に少し長めに股間へと。
 剥き出し肉芽が水流の振動にもてあそばれ、身悶えしそうになったとき、スーッと水流はジャクリーンさまのほうへと逸れていきました。

「まあこんなもんでいいでしょ。これでふたりともさっぱりしたんじゃない?汗臭かったもんね。心機一転がんばろう!って気になった?」
 ジャクリーンさまも私と同じように水流でなぶられた後、ミイコさまがシャワーを止め、からかうように尋ねてきました。
 浅ましいガニ股服従ポーズのまま、はい、とうなずくジャクリーンさまと私。

「オシッコしたいなら、今のうちにしといたほうがいいわよ。ショーが始まったら休憩は無し。放尿姿も見世物になっちゃうからね」
 亀甲縛りの乳首を尖らせたミイコさまがニヤニヤなお顔でおっしゃいました。
「するんなら鏡のほうを向いて、端の溝に向けて飛ばしなさい。床に水を流しておいてあげるから」

「はい。失礼ながらミストレス、お言葉に甘えて奴隷は放尿させていただきます」
 ジャクリーンさまが妙に色っぽいお声でお応えになり、再び鏡のほうへと向き直ります。
 私も少し尿意を感じていたのですが、里美さまやしほりさまも見守る中で、という状況ではやっぱり躊躇してしまいます。

「直子は?したくないの?」
 ミイコさまの冷たいお声でのご尋問。
「あ、いえ、少ししたいのですが・・・」
 視線を里美さまたちのほうへと泳がせる私。

「何?ここまできて今更羞じらっているの?会社の同僚に放尿姿を晒すのが嫌なの?」
 イジワルく尋ねてくるミイコさま。

「言っておくけれど、これからオシッコ姿よりもみじめで浅ましい姿を、同僚どころか見知らぬお客様全員にご披露する身なのよ?こんなところで躊躇っているようじゃ、先が思いやられるわ」
 呆れ返ったお声でミイコさまが天を仰がれました。

「やれやれ、わかった。これは連帯責任ね。ジャッキーのオシッコもお預け。直子が放尿を開始したら、ジャッキーも出していいわ」
 ミイコさまがお背中を向けられているジャクリーンさまのお尻に、ピシリと乗馬鞭を一発見舞われながらおっしゃいました。

「ヒィッ!」
 打擲と同時にジャクリーンさまのお背中がビクンと硬直しました。
 ジロリとうらめしそうに私を見遣るジャクリーンさま。

「ねえナオちゃん?ナオちゃんは忘れてしまっているようだけれど、わたしの言葉は全部、命令なのよ?」
 妙におやさしく、同情するみたいにご心配そうに私の顔を覗き込んでくるミイコさま。

「さっきステージで宣誓したでしょ?スレイブには一切の拒否権は無いの。逆らうのなら、素っ裸でお店の外に放り出して、わたしたちとは永遠にさようなら。それでもいいの?」
 薄い笑いを唇に浮かべながらも瞳だけは笑っていない、ミイコさまの残忍なお顔。

「ご、ごめんなさい・・・わかりました、わ、私もここで、オ、オシッコしま、あ、いえ、させていただきます・・・」
 ミイコさまの迫力に気圧され、冷たいお水を浴びせられて尿意が高まっていたこともあり、里美さまたちの前での放尿を承諾しました。

「いい子ね。ならさっさと鏡に向きなさい。前に飛ばせるなら、どんな格好でしてもいいから」
 ミイコさまの乗馬鞭の先が私の両おっぱいの谷間をつつきます。

「は、はい・・・」
 お返事を返しつつジャクリーンさまを見ると、 両手は後頭部で重ねたまま完全にしゃがみ込んでおられます。

 お相撲で言うところの蹲踞、バレエだとグランプリエ、すなわち和式のおトイレで用を足そうとしているときの姿勢。
 両腿をグイッと180度近く開いたジャクリーンさまの無毛の陰唇が割れ、中身の柘榴色までが真正面の鏡に鮮明に映り込んでいました。

 その格好で私を悩ましく見上げてくるジャクリーンさま。
 あなたもさっさとそこにしゃがんで、わたくしに早くオシッコさせてちょうだい・・・と訴えかけてくるかのよう。
 仕方なく私もジャクリーンさまと同じ格好にしゃがみ込みました。

「おーけー。直子が発射したらジャッキーも放尿していいわよ。まだこれはバトルじゃないから、飛距離とか量は測らないから、心いくまでオシッコ出し切るといいわ」
 ミイコさまが嘲るようにおっしゃいました。

 鏡に映っている光景が凄くヘンタイです。
 首輪だけの全裸で女性器を開ききってしゃがみ込むマゾドレイがふたり。
 その背後に、これまた全裸に亀甲縛りを施し、蝶ネクタイの襟と袖だけで裸身を飾ったミストレスが、乗馬鞭片手にニヤニヤ笑い。
 清楚なエプロン姿の里美さまとしほりさまもいつの間にかミイコさまのお隣におられ、鏡の中の私とジャクリーンさまに好奇に満ちたまなざしをぶつけてきています。

「直子さま、早くオシッコを・・・でないと奴隷はもう・・・」
「あ、はい・・・」
 ジャクリーンさまにまで急かされて、覚悟を決めて下腹部に力を入れます。
 爪先立ちな両足の指に、背後から音も無く床を流れてくる水の冷たさを感じたとき、尿道が開く感覚がありました。

 チョロリ・・・
 最初は真下の床に垂れ落ちる程度だったのですが、あれよと言う間に放物線を描くほど勢いが増していました。
 けっこう溜まっていたんだ・・・
 鏡の脇の溝へとピチャピチャ恥ずかしい水音をたてて飛び散る私のお小水。

「直子が出たからジャッキーも出していいわよ。ほら、うつむかないで、自分の恥ずかしい放尿姿をちゃんと見つめていなさいっ!」
 ミイコさまのお言葉に顔を上げ、自分の放尿姿を鏡に確認すると同時に、面前の鏡がフッと消えました。

「えっ!?」
 思わず大きな声が出てしまいました。

 今まで鏡だった壁一面が大きな素通しガラスに。
 当然、そのガラスの向こう側にはステージがあり、明るくなったステージ前に詰めかけたお店のお客様がたのお姿が丸見え。

 私たちがしゃがんでいる床はステージよりも更に一段上にあるようで、座っているお客様の目線の高さに、ちょうど私たちの女性器があるみたい。
 みなさま満面の笑顔でこちらを指差し、ニヤニヤ笑われていました。

 そんな状況になっても私のオシッコは止まりませんでした。
 相変わらず開いた陰唇奥の尿道口から水流がガラス窓に向けて、ジョボジョボほとばしっています。
 ふと気になってジャクリーンさまは、と見ると、切なそうに眉根を寄せつつもなんとも嬉しそうなお顔で、私と同じようにお客様がたに向けてジョボジョボと水流を放たれています。

 私の放尿姿、お店のお客様たち全員の見世物に、すでになっていたんだ・・・
 このお部屋はこういう仕掛けで、それがわかっていてジャクリーンさままで、私にオシッコするようにけしかけていたんだ。
 その事実に逃げ出したいほどの恥ずかしさが背筋を駆け上ったとき、やっとオシッコが止まりました。

「どう?面白いでしょ?この壁一面はマジックミラーになっているの。それも電流を流すことで鏡が一瞬でガラスになるハイテク仕様」
 ミイコさまがご自慢そうに告げると、ガラスの向こうのお客様たちが一斉に拍手。

「あなたたちがここに入ったときから、フロアのお客様たちには全部丸見えだったのよ。この鏡、普通のマジックミラーの機能もあるからね。もちろん音声もマイクを通じて向こうに筒抜け」
 ご愉快そうな笑顔でご説明くださるミイコさま。
 さっきのガニ股水責めも、すべてフロアから丸見えだったんだ・・・

「ジャッキーは何度も出ているから知っていたでしょうけれど、直子の反応は面白かったわ。たぶんその初々しさにお客様がたも、この後のショーの期待がどんどん膨らんだと思う」
 ミイコさまのお言葉に呼応するように、ガラスの向こうで手を叩かれ盛り上がるお客様がた。

 ガラス越しの私の真正面には、お姉さまとシーナさま、やよいママさま、そしてこちらにレンズを向ける小野寺さまが陣取り、互いに何かおっしゃりながら私を指差して笑われています。
 ジャクリーンさまと私は、まさに性的な余興のための見世物なんだ・・・
 里美さまたちはおろか、ここにいるお客様がた全員に放尿姿を晒して、嘲笑われているんだ・・・

 これまでオナニーのために何度も妄想してきた、不特定多数の方々に痴態を視姦され、慰み者となるシチュエーション。
 それが今、紛れも無く現実となっていることに気づいて、からだの奥底から得も言われぬ被虐の快感が湧き上がってきていました。

「さあ、それではみなさん、お待たせいたしました。夏の百合草会スペシャルイベント、新旧マゾスレイブ、恥辱のバトルショーを始めたいと思いまーす」
 ミイコさまのお声の調子が変わり、ガラスの向こう側のお客様がたを意識した、司会進行役っぽいよそ行きなお声になられていました。

 まるで昔、家族で観たイルカさんの水上ショーでの司会のお姉さんみたい。
 ジャクリーンさまと私は、ショーで芸をご披露する調教されたイルカさんです。
 もはや逃げも隠れも出来ないと悟り、却って心が落ち着いてきました。

「第一ラウンドはオーソドックスにエネマ対決です。アナルを綺麗にしておいたほうがみなさんもこの後弄りやすいと思うので、この密室で先にちゃっちゃと済ませておきたいと思いまーす」
 そこまでおっしゃり、イタズラっぽくニッと微笑まれたミイコさま。

「みなさんが飲み食いされているそちらのフロアで、スレイブたちの汚いものをぶちまける訳にはいきませんからね」
 お道化た口調のミイコさまに、嬉しそうに笑われるお客様がた。
 何か野次みたいなものを叫ばれているかたもいらっしゃるみたいですが音声は一方通行のようで、こちらにはそのお声までは聞こえてきません。

「最初ですからルールはシンプルに、これからふたりにぬるま湯浣腸を施して、より長く我慢出来たほうが勝ち」
「ただしジャクリーンと直子ではマゾとしてのキャリアが違い過ぎますから、ハンデをつけます。ジャクリーンは500cc、直子は半分の250ccとします」
 私が見たこともない大きなガラスのお浣腸器を取り出しながら、おっしゃいました。

 えっ?最初からお浣腸姿をみなさまにお見せするの?
 せっかく落ち着いてきた心臓が一気にドキドキに戻ってしまいます。

「スレイブたちはその場で四つん這いになりなさい。お客様に顔を視てもらえるように」
 しほりさまが差し出したポリ容器からお浣腸器に液体を吸引しつつ、ミイコさまがご命令を下しました。

「お客様だって、おまえたちが噴射するものなんて見たくもないでしょうからね。苦痛に悶え苦しむ憐れなマゾ顔をお見せして、お客様に愉しんでいただきなさい」
 ミイコさまは、ご自身もマゾでいらっしゃるので、マゾが悦ぶ虐め方をよくご存知なのでしょう。
 冷たいご命令口調に、私のマゾ性もぐんぐんヒートアップ。
 同時に泣きたいほどの絶望感も全身を駆け巡っています。

 お隣を見るとすでにジャクリーンさまは、濡れたタイルの床に両手を突いてひざまずき、おねだりするような蕩け顔。
 私もおずおずと四つん這いになります。

 私、またお浣腸されてしまうんだ・・・
 今日はすでに、さーこママさまのお店に向かう前に、オフィスの女子トイレでお姉さまから果実型容器のお浣腸薬をいただいていました。
 そしてその排泄の瞬間を、里美さまに間近で視られていました。
 私が今までに排泄姿をご披露したのは、今夜ここにお集まりの歴代ミストレスの方々と里美さまだけ。

 うまくご説明出来ないのですが、私の中では、性的にあられもない姿をお見せするのと、排泄姿を観察されるのとでは、恥ずかしさの質がかなり異なっていました。
 たとえばイク姿を視られるのと、お浣腸で我慢しきれず洩らしてしまう姿を視られるのとでは、圧倒的に後者のほうが居心地の悪い、負のベクトル寄りな羞恥を強く感じてしまうのです。
 
 種類は違っても羞恥が強い分、マゾ性ゆえの被虐感や恥辱感も強まり、結果、性的興奮もより高まることではあるのですが、してしまった後の屈辱感と後悔が大きいことが、人前でのお浣腸プレイを私が勧んでしたがらない理由でした。

 今回は里美さまどころではなく、今夜初めてお会いしたやよいママさまのお店の常連さまたち全員に、私の排泄の瞬間を観察されてしまいます。
 それも同性好きな女性ばかり、その数、およそ30名以上に。

 人間失格とか公衆肉便器とか変態露出奴隷とか、マゾ性を滾らせる恥ずかしい単語が、頭の中をグルグル回っています。
 ガラス越しに注がれる私への視線すべてが、私を貶み、嘲笑い、軽蔑しきっているように感じられてしまいます。
 そして、性質の悪いことにそう感じることで、私は性的にグングン昂ぶっていました。

「里美さんは浣腸器、扱ったことあるのよね?」
 四つん這いの頭の上で、ミイコさまのお声がしました。

「あ、はい。するのもされるのも経験済みです。直子にはまだしたことないけれど」
 弾んだお声でご返事された里美さま。
 そっか、ああ見えて里美さま、お浣腸をした、はわかるけれど、されたこともあるんだ・・・

「じゃあ里美さんはジャクリーンをお願いね。同時に注入しないと不公平になっちゃうから」
 里美さまに大きなお浣腸器を手渡し、ご自分はあらためて一回り小さいお浣腸器に液体を満たすミイコさま。

「はい、それではエネマ対決を始めます。今からスレイブたちのアナルにぬるま湯を注入して、どちらがより長く噴射を我慢出来るか、というバトルです」
 私のお尻の穴にガラスのひんやりとした感触が当たりました。
 顔を横に向けるとジャクリーンさまの、とても嬉しげに悩ましいお顔。

「ワンツースリーで浣腸液を同時に注入し、浣腸器が離れたところからカウントスタートです」
「スレイブたちは絶対うつむかないこと。常に顔をみなさんにお見せして、出ちゃうときは、ちゃんと直前に宣言しないと、即失格だからね」

 語気鋭いミイコさまのお言葉の後、肛門に固いものがズブリと押し挿り、つづいて生温かい液体がお腹を満たし始めました。


三人のミストレス 23